本格的なクラシック音楽を楽しめる映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」公開!

映画のタイトルになっている「パガニーニ」とは、ニコロ・パガニーニ(1782年—1840年)というイタリアのヴァイオリニストのこと。しかもただのヴァイオリニストとは一線を画した超絶技巧を駆使できるスーパースター的な存在。

パガニーニの肖像画
パガニーニの肖像画

作曲も手がける人で、名曲も多数残っており、後にパガニーニが作った曲をもとに、

ブラームス
「パガニーニの主題による変奏曲」

ラフマノフ
「パガニーニの主題による狂詩曲」

リスト
「パガニーニによる大練習曲」

を始め、偉大な作曲家たちがパガニーニの曲をもとに、様々な曲を作っているのですから、その才能たるや想像が膨らみます。

“本格的なクラシック音楽を楽しめる映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」公開!” の続きを読む

アンドラーシュ・シフが Knight(ナイト)の爵位を授与!

実は、ずっと不思議に思っていたことがあるのです。
サイモン・ラトル(指揮者)って、どうしてサー・サイモン・ラトルって言われるのだろうって…(笑)。

このサー(Sir)というのは、敬称で、実はナイト爵じゃないとつけられないものだということを今更ながら知りました。

その知るきっかけになったのが、私の大好きなピアニストの1人、アンドラーシュ・シフが、「Sir András Schiff 」と呼ばれるようになったからです♪

“アンドラーシュ・シフが Knight(ナイト)の爵位を授与!” の続きを読む

「花子とアン」のBGMにラフマニノフのピアノ協奏曲が…!

NHK連続テレビ小説「花子とアン」で(セルゲイ・)ラフマニノフ(1873―1943)のピアノ協奏曲第2番の第1楽章冒頭がBGMとして流れてきてびっくり(笑)! だって、どうしてこの場面でこの曲なの? って最初は全然わからなかったんですよ。2回目に流れてきた時に「なるほどね」ってニヤリとしちゃいました。

 

“「花子とアン」のBGMにラフマニノフのピアノ協奏曲が…!” の続きを読む

クラシック・コンサートのマナー☆その1☆開演前

クラシック音楽のコンサートって、マナーが難しそう…そんなことを思われていらっしゃる方がとても多いようです。

コンサートの一番の目的は「音楽」に身を委ねて楽しむこと!
だから公の場でのマナー程度で大丈夫です^^ それでも気になってしまう方は、簡単に目を通してみてくださいね♪(気がついたことがあったらそのつど追記していきます。)

“クラシック・コンサートのマナー☆その1☆開演前” の続きを読む

今晩、無料配信!バイエルン国立歌劇場「兵士たち」

バイエルン国立歌劇場が厳選した現地のオペラとバレエを、ライヴの臨場感と共に楽しませてくれるライヴストリーミング「STAATSOPER.TV」が、昨シーズンから、展開されています!

“今晩、無料配信!バイエルン国立歌劇場「兵士たち」” の続きを読む