チョン・ミョンフンの「幸せの食卓」☆作ってみました☆

出版されたのはもう3年以上も前なのですが、ずっと気になっていた本をついに購入してしまいました(ちょっと値段が高め設定に思えていたので買えなかったのですが…清水の舞台状態で…(笑))。タイトルがとっても素敵ですよね♪ これは音楽雑誌「音楽の友」に連載されていたものがまとまった本なのだそうです。


マエストロ、チョン・ミョンフンの「幸せの食卓」 名指揮者が語る音楽と料理のレシピ集

チョン・ミョンフン/著 金重明/訳 音楽之友社刊 3,045円

 (現在、品切れ、重版未定)
マエストロのチョン・ミョンフンさん(1953〜 韓国生まれ)は、東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーとして、長年就任されていらっしゃいますが、もともとはピアノの名手でもあった方なんです♪ 指揮者になられたことにより、ピアノは仕事としてではなく「趣味」になり、ご自身の中でいろいろな変化があったようです。
「音楽家にとってプロフェッショナルというのは危険な存在でもある。音楽が仕事として感じられるようになるたびに、真に音楽を愛する人ならば、プロの音楽家になってはならないとみずからに言い聞かせなければならない。」
ともおっしゃられています。
とはいえ、実は私、ミョンフン氏の指揮者としての演奏を聴いたことがなく、2005年にピアノ・トリオで一度だけ彼のピアノ演奏に触れたことがあるだけなんです。しかもその時のヴァイオリンが、私の大好きな五嶋龍くん、チェロがミョンフン氏のお姉さんのチョン・ミョンファさんという豪華な顔ぶれ! 皇太子様もご臨席された演奏会で、なにやら聴く側も普段の演奏会とはちょっと違った雰囲気で緊張しましたけれど(笑)。演奏は最高に楽しかったと記憶しております。当時まだ17歳だった龍くんが、仕掛けること、仕掛けること(笑)!! それに応えるように二人のベテラン勢が余裕の演奏でみるみるうちに彼らの音楽に飲み込まれていったことはいまだに覚えています。
そんなミョンフン氏の趣味はなんと「お料理」だったんですね。ご両親が飲食関係のお店を経営されていたこともあり、子どもの頃から厨房でお手伝いをされていたというから、実際の腕はプロ級だと思います。けれど、ご本人は「プロ」になると楽しめなくなるから、料理はプロじゃないのだと^^
プロヴァンスというロケーションの中にミョンフン夫妻はゆっくりとした時の流れを感じながら、畑をもしながら暮らしているのだそうです。
本をめくっていくと…。S内容.jpg
メニューもタイトルの通り
まさに「幸せの食卓」に
相応しいものばかりに
見えてきちゃいました。
ただ、意外とモノクロページが多かったのが残念なんですけれどね。。。やっぱり料理はカラーで見たいかな〜。
それで、その中のメニューのいくつかをまねっこして作ってみました。
材料はないものもあるし、作る量もちょっと違うので少しうさのアレンジが入りましたけれど。ミョンフン氏のコンセプトとしても、その通りに作らなくっていいんですっていう言葉に甘えました(笑)。
「イタリア風、魚のチム」

魚.jpg

「アスパラガスのサラダ」

アスパラ.jpg

「ルッコラのサラダ」にのっていたドレッシングをベビーリーフに

サラダ.jpg

あとは、うさ特製の蕪のスープ+ライス
というお野菜中心メニューに、滅多に飲まない白ワインをチョイスしました☆
全体.jpg
幸せに溢れた
食卓になったような…!!(笑)
自分で言うのもなんですが、結構美味しく出来たと思います♪ ベースになるスープのだしの取り方なども最初にしっかり書いてありますが、これも私は自己流にしちゃったけれど、全部ミョンフン風にするともっともっと美味しい予感はします♪

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

今月このページからお買い物をしてくださった方がいらっしゃったようで、ありがとうございます!
実は初売上でございました。とても嬉しく思っております。
どなたか存じませんがこの喜びをお伝えしたくて…!!
今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げます☆

*・―・*・―・*・・スポンサードリンク・・*・―・*・―・*



ブログ・ランキングに参加しております。宜しければ応援クリックをお願いいたします☆

メモリアル・イヤーの作曲家たちと過ごす夜♪

やっと入力作業が終了しました〜
\(^o^)/ばんざ〜い☆
今年2010年はクラシック音楽でも特にピアノがお好きな方にとっては一大イベントとなりそうな年ですね! かくいう私もピアノ好きなので、今年はちょっとテンションが高いかもしれません^^
ショパン、シューマン生誕200年というのはとても大きなイベントになりそうです☆ 例えば、先日EMIクラシックスに移籍したユンディ・リ(4月来日予定)を始め、ザラフィアンツ、コブリン(3月)、ディーナ・ヨッフェ(5月)など、ショパンを意識したプログラムを手土産に来日するアーティスト達も多いようですし、もちろん日本人のピアニストたちもこぞって演奏プログラムに取り上げるようです。
ピアノ以外に目を向けると、バーバー生誕100年、A.スカルラッティ生誕350年、マーラー生誕150年など目白押しとなる今年ですが、記念イヤーにちなみ、今まで聴いたこともなかった(興味のなかった)作曲家の演奏を聴くきっかけにもなることもあるかもしれませんね。
さて、あなたはメモリアル・イヤーにかこつけて(笑)、どんな作曲家の曲を、誰の演奏で聴いてみたいですか?
私は…。
自分のコンサートを聴きに行った歴史の中で(ちょっと表現がオーバーですが)、最も心に残っているコンサートがいくつかあるのですが、その中の2つは、再びあの時にタイムスリップして聴いてみたいのですが…。その時の彼らの弾いた曲を今年改めて、違った年に弾いたもの、あるいは違った人と共演した物をぜひとも聴いてみたいと思います。
そのコンサートとは、プログラムが手元に残っているわけではないので、ネットで調べてみたところ、1999年か2000年のどちらかにサントリーホールで聴いたイーヴォ・ポゴレリッチのコンサート。その中のショパン/ピアノ・ソナタ第2番「葬送」は本当にすごかった…。
こんなに深い悲しみに満ちあふれた演奏は過去もその後も聴いたことがない程。コンサート会場で号泣してしまったのは後にも先にもこのコンサートだけです。(ほろり程度ならあるのですが…)会場中が涙に埋もれた演奏会でした。
ちょうどポゴレリッチの師でもあり、奥さんでもあった女性が亡くなられ、その哀しみから、しばらく彼はピアノに触ることさえ出来なくなっていた時期があったんですよね…。その後の復帰コンサートにこのプログラムをのせてきたんです。カーネギーホールでの演奏がものすごく話題になって、その後日本での演奏会があったと記憶しています。
余談ですが、1980年のショパン・コンクールでポゴレリッチの演奏(解釈)が「異端児」だと言われ、入賞することは出来ませんでした。しかしながら、審査員だったマルタ・アルゲリッチは彼の才能(音楽性)を認め、彼が本当の勝者だと言い張り、審査を放棄したという大混乱となったコンクールは、記憶に残っている人も多いと思います。この時の主役2人が偶然にも私の心に残るコンサートと重なってしまいました(笑)。ポゴレリッチのCDはコンクールのすぐ後に録音されたもの。確か…その後1983年か84年に来日した時に大学の講堂で行なわれたコンサートで同CDに入っているラヴェルの「夜のガスパール」を聴きました。ステージの照明ではなく、彼の演奏に秘められた青白い光が私には見えてきて…。凄い演奏をする人だとこの時から私は彼の大ファンになったのです。

icon
icon

ショパン:ピアノ・ソナタ第2番、ラヴェル:夜のガスパール、他 ポゴレリッチ
icon

もう1つは、2000年に横浜みなとみらいホールで聴いたアルゲリッチの(指揮=エマニュエル・クリヴィヌ+ヨーロッパ室内管弦楽団)シューマン/ピアノ協奏曲。自由奔放に弾くアルゲリッチと飄々とオーケストラを引っ張るクリヴィヌとの相性は最高でした。お互いに邪魔することもなく、それぞれの主張が通り、それでいて美しく調和されたこの曲は未だに自分の中では最高位に位置しています。
ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲 アルゲリッチ、クレーメル、アーノンクール&ヨーロッパ室内管
icon
そんなわけで、皆さんのお話もぜひぜひうかがってみた〜い! なんて思って、こんなアンケートを作ってみました。アンケートを作ったのは初めてだったので、なんだか素っ気ない感じのものになってしまいましたが。
http://enq-maker.com/4lZmoTw
よろしければ、まだ自分しか答えていないので、盛り上げていただけると嬉しいです☆
もちろん、下記のコメントと重複しても構いませんので〜♪
[るんるん]あ、それから、今年から「Twitter」をサイドバーに設置してみました。英語を勉強しているので、とりあえず検索は英語を入力しておきましたが、中に入っていただくとお好きなワード(もちろん日本語でも)で検索出来たり、登録されると「Twitter=つぶやき」をお楽しみいただけます☆
[るんるん]もう一つそれからぁ〜〜☆ 
ついに、4月に出るようですぅ☆ 続編はいつかな…とは思っていましたが。本日セブンネットショッピングさんからのダイレクトメールで知りました♪
 ↓
村上春樹「1Q84」book 3(仮)
icon

ブログ・ランキングに参加しております。宜しければクリック応援お願いいたします☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

小澤征爾さんが…

年が明けてこちらでは初めてのブログアップというのに、ご挨拶もなくこんな記事から始めてしまう私をお許しください。(喪中だし…)

小澤征爾さんはここで私が説明するまでもないほど、有名な日本の偉大なる指揮者(1935年9月1日生まれ。ウィーン国立歌劇場音楽監督)ですが、新年からちょっと辛いニュースですね。なんだかすごくショックで思わず書き始めてしまったのでした。
実は私、まだ生で小澤征爾さんの演奏を聴いたことがありません。いつか必ず!! と思っていたのですけれど…。少なくとも向こう半年くらいはその機会を失ってしまったようです。
サイトウ・キネン・フェスティバルはどうなるのかな…。
お昼休みに知ったニュースでした。
父と同じような病気なので…心がちょっと重たいです。
けれど、頑張って欲しいです♪
小澤征爾さん! 
絶対に半年後に戻ってきてくださいね♪
会社@お昼休みに
(支離滅裂なまま投稿)
♪実は今仕事がとてもハードな時期でして+αアルバイトなるものもしており、締切前のあわあわ状態でございます。ブログの本格的なアップは今月中旬以降になると思いますので、宜しくお願いいたします。
ブログ・ランキングに参加しております。
宜しければ応援クリックをお願いいたします♪

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview