「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2

「ワルツの王様」
(アカデミー賞受賞作品)

ワルツ王のヨハン・シュトラウス II 世

現存した作曲家のヨハン・シュトラウス2世(以下J.シュトラウス)家が舞台になるこの「ワルツの王様」。

ヨハン・シュトラウス2世=1825~1899、オーストリアの作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト。生涯ワルツやポルカ、オペレッタ等、舞曲中心の作曲に打ち込み、「ワルツ王」と呼ばれている人です。ニューイヤー・コンサートなどでは、必ずといって良い程、ヨハン・シュトラウス2世の曲がプログラムに並びます♪

“「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2” の続きを読む

「トムとジェリー」とクラシック音楽

ピアニストのラン・ランと「トムとジェリー」は切っても切り離せないからラン・ランが大好きな私は「トムとジェリー」のことをもっともっと知りたくなってしまいます。しかも、ラン・ラン・ネタの時の皆様の食いつきどころは、やっぱり「トムとジェリー」(笑)。

ということで、「『トムとジェリー』とクラシック音楽」なんて大それたタイトルをつけ、調べ始めてしまいました。
これ、調べ始めてわかったことですが、かなり「クラシック音楽」との関係が深いと判明。とても一度のブログ記事では補いきれないくらいです。
それで、とりあえず、まずは代表作からご紹介していきますね。

“「トムとジェリー」とクラシック音楽” の続きを読む