祝☆小澤征爾さん&SKFOがグラミー賞「BEST OPERA RECORDING」を受賞!

アメリカの音楽界で最も権威があるとされている「グラミー賞」の授賞式が、2月15日にロサンゼルスで行われ、日本を代表する指揮者の一人、小澤征爾さんが指揮をしたCD「ラヴェル/歌劇〈こどもと魔法〉」が、「ベスト・オペラ・レコーディング賞」を受賞というニュースが飛び込んできましたね!

おめでとうございます!

受賞後初めての会見が、2月17日、ロームシアター京都(京都市)にて行なわれ、FNNさんが会見時の全録をyoutubeで公開してくださっていました! ありがとうございます! 会見の中の言葉を拾いながら、拙い私の情報も交えつつこの記事を作っていこうと思います♪

“祝☆小澤征爾さん&SKFOがグラミー賞「BEST OPERA RECORDING」を受賞!” の続きを読む

デヴィッド・ボウイのナレーションでプロコフィエフ「ピーターと狼」を聴く

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイが天に召されました(享年69歳)。癌と闘った18ヶ月。家族に見守られながらあちらの世界に旅立たれたそうです。

心からご冥福をお祈りいたします(合掌)。

デヴィッド・ボウイ(2002.8.8、(c)Adam-Bielawski) デヴィッド・ボウイ(2002.8.8、(c)Adam-Bielawski、wikiよりフリー画像をお借りしました。)

特にファンだったわけではなかったけれど、デヴィッド・ボウイの曲はたまに聴いていて、30年くらい前の曲でも鮮明に覚えていたりするので、やはり彼のインパクトは凄いものだったのだと今更ながら思います。このニュースを聞いた時、「Starman」が頭の中にすぐに鳴り響いたくらいですから…。

凄いアーティストではありますが、なぜクラシック音楽のこのサイトで取り上げるのかと言いますと…! 実は、デヴィッド・ボウイがクラシック音楽の録音に携わっているCDを見つけたからなんです。訃報を知る前に見つけていたのですが、記事が遅くなって結局、追悼状態に…orz

“デヴィッド・ボウイのナレーションでプロコフィエフ「ピーターと狼」を聴く” の続きを読む

クラヲタさんたち必見☆CD収納はこんなにお洒落にスッキリ出来る!

「クラシック音楽好き」というより、いわゆる「クラヲタ」とか、「マニア」とか、そう呼ばれている方(自称の方も含め)達、とお話していると、自分の知らなかった世界をいろいろ教えていただけて、私的には、すごく楽しい時間になったりします。

コンサートの帰りにお茶しながら、今日の誰それの演奏はこうだったとか、ここはぐっときたとか、そんなお話だと自分も話せたりするのですが、そこから「今日のカデンツァは、○○版のだったから」とか、そんなことになると、「ほう、ほう」とただただ、聞き役に回ることが多い私です。
が、そんな私でも、クラヲタ様たちに教えてあげられる素敵な情報をキャッチしました!

margherita(マルゲリータ)さんという建築設計事務所がデザインするインテリア家具の中に素晴らしいCD収納棚を見つけたのです!

 

“クラヲタさんたち必見☆CD収納はこんなにお洒落にスッキリ出来る!” の続きを読む