タコに興じる

「タコ」といっても軟体動物の「タコ」のことではありません。
木○拓哉が「キ○タク」などと言われるのと同じように、クラシック音楽仲間と話しをするとき、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906—1975・ロシアの作曲家)のことを略して「ショスタコ」とか「タコ」と呼ぶのです。正直なところ、ショスタコの曲に対して私は難解なイメージしか持っていなかったので、ずっと敬遠していました。でも、先日、ずっと未聴だったCDを何気なく手に取り聴いてみて、「あれ?」と思いました。

icon
チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ ハンナ・チャン(vc)パッパーノ&LSO
icon
CDデータ
Dmitri Shostakovich (1906 – 1975) Concerto for Cello no 1 in E flat major, Op. 107
• 演奏者 : Chang, Han-Na (Cello), Jones, Tim (French Horn)
• 指揮者 : Pappano, Antonio
• 楽団 : London Symphony Orchestra

それは、ハンナ・チャン(チェリスト)が奏でるショスタコのチェロ協奏曲第1番と、チェロ・ソナタd-moll がカップリングされたもので、彼女の演奏スタイルに助けられたのか、素直に素敵な曲だと感じたのです♪今までの「タコ」のイメージは拭い去られ、もう少し聴いてみたいとさえ思うようになりましたぴょん☆

2007年4月に偉大なチェリスト・ロストロポーヴィチが天に召されたけれど、ロストロさんとショスタコが親しく交流を持っていたことは有名。そしてこの協奏曲第1番もロストロさんに捧げられた曲。11歳の時にロストロポーヴィチ国際コンクールで1位をとり、一躍脚光を浴びたハンナ・チャンが弾いているっていうのも運命的なものを感じたりします☆