ヴァイオリニストはお疲れのご様子…?!

今年も残すところあとわずか。
この時期普段の仕事に加え、入力のアルバイトも自宅でやっているため、更新はもちろん、皆様のところに訪問なども出来ずに失礼しております。
さて、今年最後となる記事をどうしようかな…と考え、忙しい時こそ痛快な楽しい物を! と思い、鶴我裕子さん著の本をご紹介させていただきます☆ もしお正月休みなるものがある方にはぜひぜひお薦めしちゃいます☆

鶴我裕子/バイオリニストは肩が凝る 鶴我裕子のN響日記

バイオリニストは目が赤い
実はこの2つの本の内容は全く同じ。どちらもお疲れのご様子で、肩が凝っていたり、目が充血して赤くなっていたり…(笑)。
鶴我裕子/バイオリニストは肩が凝る 鶴我裕子のN響日記」は、2005年にアルク出版企画から上製本で出版されました(上)。価格は1,890円。(写真の大きさが下よりも小さくなっていますが、こちらの本の方が大きいです)
鶴我裕子さんは元々NHK交響楽団のヴァイオリン奏者でした。現在はすでに引退されていらっしゃいますが、この本は現役時代に書かれたものです。現役なのに…ここまで暴露しても大丈夫??? と思うくらいそれはそれは正直であり、痛快であり、言いたかったことを全て代弁してくれるかのようなしかもリズミカルな口調(文調)で綴られており、とにかく「にやり」としてしまうエッセイなのです☆ 指揮者の話、楽団員の話、演奏旅行の話…etc…
それが、なんと! この12月で文庫本としても登場してしまいました! やっぱり評判が良かったのでしょうね♪ 出版社さんは変わって新潮社へ。
多分会社が変わったこともあり、タイトルが「バイオリニストは目が赤い」と、微妙に変りました。価格は580円。とにかく軽くなりました。持ち運びが楽々です!(計ってみたらおおよそ185gくらいでした) 
最後の3ページ程度の「文庫本のためのあとがき」が増えただけで(「同じ内容で違うと思った人はごめんなさい」等という内容のもの)、中身は一緒。
どちらもまだ手に入るようなので、仕様によるものはお好みでどうぞ☆ という感じです^^

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

さて、文頭にも書きましたが、今年ももうまもなくおしまいになります。私にとって今年はブログ元年であり(サブブログのこちらまで作ってしまったし)、結婚1周年を先日迎え、父の他界…。とにかく幸あり悲しみありの大波小波の1年となりました。
ブログを始めたことによって、たくさんの新しい出会いにも巡り合え、こうして読んでいただける喜び、交流させていただける喜び、そして心の支えになっていただけた喜び…。たくさんの喜びをいただくことが出来ました。
ありがとうございました。
仕事は会社自体は本日で仕事納めとなっておりますが、私自身の仕事はまだまだ。30日まで出社。そして1月2日が仕事始めとなっています。そして更に1月中旬くらいまでバイトにも追われる日々が続くので、1月前半の更新はあまり出来ないかもしれませんが、また来年もどうぞ宜しくお願いいたします!!
皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ☆

ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援クリックをお願いいたします☆


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い