クラシック音楽とバラ「シェエラザード」

Pocket

「シェエラザード」という名前の薔薇があるということを知ったのは、昨年(2013年)! リムスキー=コルサコフが作曲した「シェエラザード」とすぐにリンクしました♪ 本物(薔薇のシェエラザード)に会ってみたいなぁ…って思っていたのですが、今年の初夏に京成バラ園で会うことが出来たんですよ♪

シェエラザード_3691

秋薔薇もそろそろ終わりに近づいている頃ですが、取り上げてみたいと思います。

 

シェエラザードはこんな薔薇

Sheherazad(シェエラザード)は、2013年に木村卓功氏により、発表されたバラ。トップ画像にあるように、一見、少しカーネーションに近いようにも見えます。

でも、正面からよく見てあげるとやっぱり「薔薇」ですね^^

シェエラザード_3692

少し紫がかった濃いピンク色で、花びらの先がつんと尖っているのが特徴。このとんがりが、花びらの数を多く見せているのかもしれません。尖った先からふんわりとドレスのように花びらが広がっているようにも見えます♪

花びらの裏側はちょっと白っぽいみたい。だから、つぼみから開花するまでピンクのグラデーションも楽しめてしまう薔薇なんですよね。綺麗でしょう?

シェエラザード_3700

 

さて、「シェエラザード」というのは、「千夜一夜物語(アラビアンナイト)に出てくるヒロインの名前です。(曲の方にもう少し書いています。)

勝手な私のイメージでアラビアンナイトの頃のお城ってこんな形の屋根じゃないの…? っていうつぼみもとても高貴なイメージなんですよ!

シェエラザード_3697

これはたまたまなのかもしれませんが、ガクがツンととがっていて、つぼみがこんもり丸くてすご〜く可愛いなぁって思ったので写真に収めてみました。

1株につくお花も多いみたいですし、初心者でも育てやすいのだそうです。思わず欲しくなってしまい、今注文しようか迷っています(笑)。我が家には今2鉢の薔薇さんがいるので、お世話とか、置き場所とか思案中。

シェエラザード_3694

私が購入している薔薇は、楽天市場にある「バラの家」さんの薔薇。最初は送料が高いなぁって印象を受けるかもしれませんが、これだけの物を配送してくださっていて、しかもとても丁寧に梱包してくださっているので、届くと納得出来ると思います。

良心的でタメになるメルマガ(ちょっと関係ない内容も多いのだけれど)を配信してくださるので、薔薇が初心者である私ですが、枯らさずに、かれこれ育て始めて2回目の冬を迎えようとしています♪

もし、シェエラザードを購入されたい方は、そんな「バラの家」さんでいかがでしょうか? ↓

即納 【バラ苗】 シェエラザード(Sh濃桃) 国産苗 新苗 6号角深鉢品 ○ 【シュラブローズ.ロサオリエンティス】

価格:
2,980円

(2014/11/01 16:16時点 )

感想:32件

 

 

シェエラザードはこんな曲

さて、クラシック音楽にもこの薔薇と同じ名前の曲があります!

ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフ(1844年3月18日―1908年6月21日)が作曲した「交響組曲『シェエラザード』」です。クラシック音楽が苦手な方でも、意外と聴きやすい曲ではないかと思います。

というのも、この曲は物語性のある曲なんです♪

リムスキー=コルサコフ
リムスキー=コルサコフ(パブリック・ドメインの画像をwikiよりお借りしています)

 

シェエラザード(wikiよりパブリック・ドメインの画像をお借りしました。)
シェエラザード(wikiよりパブリック・ドメインの画像をお借りしました。)

「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」に登場するヒロインが「シェエラザード」という名前。

とあることから女性不信になってしまった王様が関係を持った女性を次々に処刑していくという…ちょっと怖いお話? いえいえ、ここからシェエラザードの活躍が始まるのです。毎晩シェエラザードは王様に興味深いお話しを続けていくのです。そして…。

曲は、その物語の通り進行していくわけではないのですが、お話を知っていらっしゃる方にとっては想像を広げる糸口になると思います^^

  • 第1楽章=海とシンドバッドの船
  • 第2楽章=カランダール王子の物語
  • 第3楽章=若い王子と王女
  • 第4楽章=バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲

と、こんなふうにそれぞれの楽章に標題がついています。

静かな航海をしていたり、波が荒れ狂っていたり、それから民族的な雰囲気の漂うちょっと哀しげな音楽だったり…と、とてもドラマティックに展開されていく曲です。ちょっと聴いてみたくなりませんか?

フィギュアスケートでも、このシェエラザードの中から選曲される人も結構多いので、きっと聴いたことのあるメロディーがどこかに登場するのではないかと思います。

そんなにたくさんの盤を聴いたことはないので、どれがお薦めというのは難しいのですが、カップリングされている曲も初心者には聴きやすそうなものが並んでいるので、2014年の新譜をあげておきますね。2014年11月10日発売日なので予約になります。

icon
icon
亡き王女のためのパヴァーヌ、『マ・メール・ロワ』全曲、『シェエラザード』序曲、他 ドゥネーヴ&シュトゥットガルト放送響
icon

シェエラザードを聴きながら、薔薇を眺めて想いをはせるなんていう過ごし方も良いですね♪

シェエラザード_3696

 

* 記事中の薔薇の「シェエラザード」の画像は 、今年の初夏に京成バラ園に行った時に撮影してきたものです♪

 

お花の名前には、クラシック音楽関連の名前がついているものは意外と多く存在しているようで、当ブログ「アラ・クラ」(around classical musicの略)でも、シリーズとして少しずつ取り上げていきたいと思っています。^^

 

〈関連記事〉

クラシック音楽とバラ☆その1☆ラプソディ・イン・ブルー

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 

 

うさ

投稿者: うさ

某K音楽大学(教育音楽学部)卒。現在は、細々とですがクラシック音楽に関わった仕事をしています。

「クラシック音楽とバラ「シェエラザード」」への2件のフィードバック

  1. >カタキヨさん
    こちらまで、コメントありがとうございます!
    すごく嬉しいです♪
    神代植物園のバラのお写真、見に行きますね〜〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA