クラヲタさんたち必見☆CD収納はこんなにお洒落にスッキリ出来る!

「クラシック音楽好き」というより、いわゆる「クラヲタ」とか、「マニア」とか、そう呼ばれている方(自称の方も含め)達、とお話していると、自分の知らなかった世界をいろいろ教えていただけて、私的には、すごく楽しい時間になったりします。

コンサートの帰りにお茶しながら、今日の誰それの演奏はこうだったとか、ここはぐっときたとか、そんなお話だと自分も話せたりするのですが、そこから「今日のカデンツァは、○○版のだったから」とか、そんなことになると、「ほう、ほう」とただただ、聞き役に回ることが多い私です。
が、そんな私でも、クラヲタ様たちに教えてあげられる素敵な情報をキャッチしました!

margherita(マルゲリータ)さんという建築設計事務所がデザインするインテリア家具の中に素晴らしいCD収納棚を見つけたのです!

 

“クラヲタさんたち必見☆CD収納はこんなにお洒落にスッキリ出来る!” の続きを読む

クラシック音楽とバラ「シェエラザード」

「シェエラザード」という名前の薔薇があるということを知ったのは、昨年(2013年)! リムスキー=コルサコフが作曲した「シェエラザード」とすぐにリンクしました♪ 本物(薔薇のシェエラザード)に会ってみたいなぁ…って思っていたのですが、今年の初夏に京成バラ園で会うことが出来たんですよ♪

シェエラザード_3691

秋薔薇もそろそろ終わりに近づいている頃ですが、取り上げてみたいと思います。

 

“クラシック音楽とバラ「シェエラザード」” の続きを読む

クラシック音楽関連の名前がついている素敵なバラたち☆その1☆ラプソディ・イン・ブルー

京成バラ園に行き、以前から興味のあったクラシック音楽に関わる名前のバラを探してきました。写真に収めたものを少しずつ公開していきます♪

第1回目は「ラプソディ・イン・ブルー」!
(これは、以前のブログからお引っ越ししてきました。)

ラプソディインブルー_3357

「ラプソディ・イン・ブルー」は、「のだめカンタービレ」のエンディングにも使われていた曲なので、ご存知の方も多いと思います。心を掴まれる印象的な曲です^^

“クラシック音楽関連の名前がついている素敵なバラたち☆その1☆ラプソディ・イン・ブルー” の続きを読む