祝☆小澤征爾さん&SKFOがグラミー賞「BEST OPERA RECORDING」を受賞!

アメリカの音楽界で最も権威があるとされている「グラミー賞」の授賞式が、2月15日にロサンゼルスで行われ、日本を代表する指揮者の一人、小澤征爾さんが指揮をしたCD「ラヴェル/歌劇〈こどもと魔法〉」が、「ベスト・オペラ・レコーディング賞」を受賞というニュースが飛び込んできましたね!

おめでとうございます!

受賞後初めての会見が、2月17日、ロームシアター京都(京都市)にて行なわれ、FNNさんが会見時の全録をyoutubeで公開してくださっていました! ありがとうございます! 会見の中の言葉を拾いながら、拙い私の情報も交えつつこの記事を作っていこうと思います♪

“祝☆小澤征爾さん&SKFOがグラミー賞「BEST OPERA RECORDING」を受賞!”の続きを読む

デヴィッド・ボウイのナレーションでプロコフィエフ「ピーターと狼」を聴く

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイが天に召されました(享年69歳)。癌と闘った18ヶ月。家族に見守られながらあちらの世界に旅立たれたそうです。

心からご冥福をお祈りいたします(合掌)。

デヴィッド・ボウイ(2002.8.8、(c)Adam-Bielawski) デヴィッド・ボウイ(2002.8.8、(c)Adam-Bielawski、wikiよりフリー画像をお借りしました。)

特にファンだったわけではなかったけれど、デヴィッド・ボウイの曲はたまに聴いていて、30年くらい前の曲でも鮮明に覚えていたりするので、やはり彼のインパクトは凄いものだったのだと今更ながら思います。このニュースを聞いた時、「Starman」が頭の中にすぐに鳴り響いたくらいですから…。

凄いアーティストではありますが、なぜクラシック音楽のこのサイトで取り上げるのかと言いますと…! 実は、デヴィッド・ボウイがクラシック音楽の録音に携わっているCDを見つけたからなんです。訃報を知る前に見つけていたのですが、記事が遅くなって結局、追悼状態に…orz

“デヴィッド・ボウイのナレーションでプロコフィエフ「ピーターと狼」を聴く”の続きを読む

偉大なピアニスト、アルド・チッコリーニさん亡くなる

偉大なるピアニスト、アルド・チッコリーニ(Aldo Ciccolini )さんが、(2015年)2月1日に、パリ郊外のご自宅で亡くなられたそうです。

心からご冥福をお祈りします。(合掌)

 

(©三浦興一/写真提供=藍インターナショナル)
(©三浦興一/写真提供=藍インターナショナル)

 

チッコリーニさんは、1925年イタリア・ナポリの生まれ。ナポリ音楽院に入学。作曲とピアノを学ばれ、なんと22歳という若さでナポリ音楽院のピアノ科教授に就任されたのだそうです。ピアニストとしてのデビューは、16歳のとき、サンカルロ劇場にて。

(チッコリーニさんのお写真は、「藍インターナショナル」様からお借りすることができました。ありがとうございました。[無断転用禁止])

“偉大なピアニスト、アルド・チッコリーニさん亡くなる”の続きを読む

【訃報】偉大なる指揮者マゼール氏が急逝!

世界的な指揮者、そして作曲家でもあったロリン・マゼール(Lorin Maazel)氏が7月13日、肺炎による合併症のため米バージニア州キャッスルトンの自宅で死去。享年84歳。

マゼール氏は、1930年3月6日、パリ近郊生まれの米国人。5歳からヴァイオリンを、7歳で指揮を学び、8歳で初めて指揮者として公の場に登場。

ウィーン国立歌劇場やニューヨーク・フィルハーモニックなどを始め、多くのオーケストラを牽引してきたクラシック音楽界の巨匠であった。

昨年だけでも100回以上のコンサートを指揮しており、今まで5000回近くのオペラやコンサートの公演を行なってきたという。今年になり、体調を崩し療養していた。(参考「Lorin Maazel」)

今年(2014年)5月には、ミュンヘン・フィルを率いて日本でのコンサートが予定されていたが、体調不良ということでキャンセル(グスターボ・ヒメノが代役)。

現在、札幌で開催されているPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)にも首席指揮者として参加が予定されていたが、6月に医師団から活動再開には時期尚早との強い助言を受けたため、取りやめになっていた(マゼール氏に代わって、佐渡裕氏とジョン・ネルソン氏に変更)。

ご冥福をお祈りします(合掌)。

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 

アンドラーシュ・シフが Knight(ナイト)の爵位を授与!

実は、ずっと不思議に思っていたことがあるのです。
サイモン・ラトル(指揮者)って、どうしてサー・サイモン・ラトルって言われるのだろうって…(笑)。

このサー(Sir)というのは、敬称で、実はナイト爵じゃないとつけられないものだということを今更ながら知りました。

その知るきっかけになったのが、私の大好きなピアニストの1人、アンドラーシュ・シフが、「Sir András Schiff 」と呼ばれるようになったからです♪

“アンドラーシュ・シフが Knight(ナイト)の爵位を授与!”の続きを読む