ラローチャおばあちゃんを悼む

2003年に80歳だったアリシア・デ・ラローチャさんが惜しまれながらピアニストを引退されました。そして先日(2009年9月25日)、スペイン・バルセロナで天に召されたというニュースを聞きました。享年86歳。

 

このニュースを聞いた時、なんだかどんよりと悲しい気持ちになりました。私は一度もラローチャおばあちゃんの生の演奏会には足を運んだことがないのに、なぜだかとても親しみを覚えていたこともあって…。

“ラローチャおばあちゃんを悼む” の続きを読む

「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2

「ワルツの王様」
(アカデミー賞受賞作品)

ワルツ王のヨハン・シュトラウス II 世

現存した作曲家のヨハン・シュトラウス2世(以下J.シュトラウス)家が舞台になるこの「ワルツの王様」。

ヨハン・シュトラウス2世=1825~1899、オーストリアの作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト。生涯ワルツやポルカ、オペレッタ等、舞曲中心の作曲に打ち込み、「ワルツ王」と呼ばれている人です。ニューイヤー・コンサートなどでは、必ずといって良い程、ヨハン・シュトラウス2世の曲がプログラムに並びます♪

“「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2” の続きを読む

「トムとジェリー」とクラシック音楽

ピアニストのラン・ランと「トムとジェリー」は切っても切り離せないからラン・ランが大好きな私は「トムとジェリー」のことをもっともっと知りたくなってしまいます。しかも、ラン・ラン・ネタの時の皆様の食いつきどころは、やっぱり「トムとジェリー」(笑)。

ということで、「『トムとジェリー』とクラシック音楽」なんて大それたタイトルをつけ、調べ始めてしまいました。
これ、調べ始めてわかったことですが、かなり「クラシック音楽」との関係が深いと判明。とても一度のブログ記事では補いきれないくらいです。
それで、とりあえず、まずは代表作からご紹介していきますね。

“「トムとジェリー」とクラシック音楽” の続きを読む

タコに興じる

「タコ」といっても軟体動物の「タコ」のことではありません。
木○拓哉が「キ○タク」などと言われるのと同じように、クラシック音楽仲間と話しをするとき、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906—1975・ロシアの作曲家)のことを略して「ショスタコ」とか「タコ」と呼ぶのです。正直なところ、ショスタコの曲に対して私は難解なイメージしか持っていなかったので、ずっと敬遠していました。でも、先日、ずっと未聴だったCDを何気なく手に取り聴いてみて、「あれ?」と思いました。

icon
チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ ハンナ・チャン(vc)パッパーノ&LSO
icon
CDデータ
Dmitri Shostakovich (1906 – 1975) Concerto for Cello no 1 in E flat major, Op. 107
• 演奏者 : Chang, Han-Na (Cello), Jones, Tim (French Horn)
• 指揮者 : Pappano, Antonio
• 楽団 : London Symphony Orchestra

それは、ハンナ・チャン(チェリスト)が奏でるショスタコのチェロ協奏曲第1番と、チェロ・ソナタd-moll がカップリングされたもので、彼女の演奏スタイルに助けられたのか、素直に素敵な曲だと感じたのです♪今までの「タコ」のイメージは拭い去られ、もう少し聴いてみたいとさえ思うようになりましたぴょん☆

2007年4月に偉大なチェリスト・ロストロポーヴィチが天に召されたけれど、ロストロさんとショスタコが親しく交流を持っていたことは有名。そしてこの協奏曲第1番もロストロさんに捧げられた曲。11歳の時にロストロポーヴィチ国際コンクールで1位をとり、一躍脚光を浴びたハンナ・チャンが弾いているっていうのも運命的なものを感じたりします☆

7月10日はオルフのお誕生日だから「カルミナ・ブラーナ」でも聴いてみる?

今日7月10日はドイツの作曲家でもあり、教育者でもあったカール・オルフ(Carl Orff=1895年7月10日〜1982年3月29日)という人のお誕生日。

こうして改めて生きていた年代を書き出してみると、自分とも重なる部分も多く、最近の作曲家だなぁと今更ながらに実感します。クラシック音楽といっても「現代音楽」に分類される人なのかな。

オルフと言えば、世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」という曲が真っ先に思い浮かびます(というか、これしか知らないかも)。
タイトルだけ聞くと「とっつきにくそう」なんて思うかもしれないけれど、合唱とオーケストラで織りなされる曲で、映画やゲームのBGMでも多く使われているから、きっと聴けば「ああ、この曲〜!」ってわかると思います。

初めてこの曲を聴いたのは、大学生の頃。同じ学生たちの合唱発表会みたいなもので、「カルミナ・ブラーナ」から抜粋した2、3曲を聴きました。もう○十年も前のことだけれど、ものすごい衝撃を受けて鳥肌がたったことだけはしっかり覚えています。

“7月10日はオルフのお誕生日だから「カルミナ・ブラーナ」でも聴いてみる?” の続きを読む