メモリアル・イヤーの作曲家たちと過ごす夜♪

やっと入力作業が終了しました〜
\(^o^)/ばんざ〜い☆
今年2010年はクラシック音楽でも特にピアノがお好きな方にとっては一大イベントとなりそうな年ですね! かくいう私もピアノ好きなので、今年はちょっとテンションが高いかもしれません^^
ショパン、シューマン生誕200年というのはとても大きなイベントになりそうです☆ 例えば、先日EMIクラシックスに移籍したユンディ・リ(4月来日予定)を始め、ザラフィアンツ、コブリン(3月)、ディーナ・ヨッフェ(5月)など、ショパンを意識したプログラムを手土産に来日するアーティスト達も多いようですし、もちろん日本人のピアニストたちもこぞって演奏プログラムに取り上げるようです。
ピアノ以外に目を向けると、バーバー生誕100年、A.スカルラッティ生誕350年、マーラー生誕150年など目白押しとなる今年ですが、記念イヤーにちなみ、今まで聴いたこともなかった(興味のなかった)作曲家の演奏を聴くきっかけにもなることもあるかもしれませんね。
さて、あなたはメモリアル・イヤーにかこつけて(笑)、どんな作曲家の曲を、誰の演奏で聴いてみたいですか?
私は…。
自分のコンサートを聴きに行った歴史の中で(ちょっと表現がオーバーですが)、最も心に残っているコンサートがいくつかあるのですが、その中の2つは、再びあの時にタイムスリップして聴いてみたいのですが…。その時の彼らの弾いた曲を今年改めて、違った年に弾いたもの、あるいは違った人と共演した物をぜひとも聴いてみたいと思います。
そのコンサートとは、プログラムが手元に残っているわけではないので、ネットで調べてみたところ、1999年か2000年のどちらかにサントリーホールで聴いたイーヴォ・ポゴレリッチのコンサート。その中のショパン/ピアノ・ソナタ第2番「葬送」は本当にすごかった…。
こんなに深い悲しみに満ちあふれた演奏は過去もその後も聴いたことがない程。コンサート会場で号泣してしまったのは後にも先にもこのコンサートだけです。(ほろり程度ならあるのですが…)会場中が涙に埋もれた演奏会でした。
ちょうどポゴレリッチの師でもあり、奥さんでもあった女性が亡くなられ、その哀しみから、しばらく彼はピアノに触ることさえ出来なくなっていた時期があったんですよね…。その後の復帰コンサートにこのプログラムをのせてきたんです。カーネギーホールでの演奏がものすごく話題になって、その後日本での演奏会があったと記憶しています。
余談ですが、1980年のショパン・コンクールでポゴレリッチの演奏(解釈)が「異端児」だと言われ、入賞することは出来ませんでした。しかしながら、審査員だったマルタ・アルゲリッチは彼の才能(音楽性)を認め、彼が本当の勝者だと言い張り、審査を放棄したという大混乱となったコンクールは、記憶に残っている人も多いと思います。この時の主役2人が偶然にも私の心に残るコンサートと重なってしまいました(笑)。ポゴレリッチのCDはコンクールのすぐ後に録音されたもの。確か…その後1983年か84年に来日した時に大学の講堂で行なわれたコンサートで同CDに入っているラヴェルの「夜のガスパール」を聴きました。ステージの照明ではなく、彼の演奏に秘められた青白い光が私には見えてきて…。凄い演奏をする人だとこの時から私は彼の大ファンになったのです。

icon
icon

ショパン:ピアノ・ソナタ第2番、ラヴェル:夜のガスパール、他 ポゴレリッチ
icon

もう1つは、2000年に横浜みなとみらいホールで聴いたアルゲリッチの(指揮=エマニュエル・クリヴィヌ+ヨーロッパ室内管弦楽団)シューマン/ピアノ協奏曲。自由奔放に弾くアルゲリッチと飄々とオーケストラを引っ張るクリヴィヌとの相性は最高でした。お互いに邪魔することもなく、それぞれの主張が通り、それでいて美しく調和されたこの曲は未だに自分の中では最高位に位置しています。
ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲 アルゲリッチ、クレーメル、アーノンクール&ヨーロッパ室内管
icon
そんなわけで、皆さんのお話もぜひぜひうかがってみた〜い! なんて思って、こんなアンケートを作ってみました。アンケートを作ったのは初めてだったので、なんだか素っ気ない感じのものになってしまいましたが。
http://enq-maker.com/4lZmoTw
よろしければ、まだ自分しか答えていないので、盛り上げていただけると嬉しいです☆
もちろん、下記のコメントと重複しても構いませんので〜♪
[るんるん]あ、それから、今年から「Twitter」をサイドバーに設置してみました。英語を勉強しているので、とりあえず検索は英語を入力しておきましたが、中に入っていただくとお好きなワード(もちろん日本語でも)で検索出来たり、登録されると「Twitter=つぶやき」をお楽しみいただけます☆
[るんるん]もう一つそれからぁ〜〜☆ 
ついに、4月に出るようですぅ☆ 続編はいつかな…とは思っていましたが。本日セブンネットショッピングさんからのダイレクトメールで知りました♪
 ↓
村上春樹「1Q84」book 3(仮)
icon

ブログ・ランキングに参加しております。宜しければクリック応援お願いいたします☆

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ピアノ連弾練習中☆ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」

昨日、8月以来(その時のブログはコレ→「れ・ん・だ・ん」〜考え中〜」☆)2ヶ月ぶりに連弾の練習のために、相方のゆみちゃんセンセ宅にお邪魔いたしました。(夫も一緒に)
newハチャ.jpg今回私たちが取り組むことになったのは、アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン(1903〜1978、アルメニア)作曲の「仮面舞踏会」です。
この曲は浅田真央ちゃんが昨シーズンフリーの曲、今年もショートプログラム用の曲として使用している曲です。

(写真=ハチャトゥリアン)


もともと戯曲の「仮面舞踏会」(ミハイル・レールモントフ作)を題材にした全14曲からなる曲をさらにハチャトゥリアンは組曲として5曲(ワルツ、ノクターン、マズルカ、ロマンス、ギャロップ)に再編成しました。そして真央ちゃんがスケーティングしている曲はこの第1曲目の「ワルツ」で、私たちもこの「ワルツ」のみを練習し、12月の酔っ払い忘年会(正式名称は違いますが ^^;)で弾くことになっているのです☆
ゆみちゃんセンセからこの曲について「どろどろした曲なのだ」というレクチャーを受けまして、もっと詳しく知りたくなったうさでございます。
ちなみに、下記の本をはハチャトゥリアン自身についての内容が書かれています。1978年まで生きていた人ですから、私も同じ時代を少しだけ一緒に生きた作曲家ということになります。文献等もかなり残っているようで、貴重なハチャトゥリアン自身の遺した言葉なども納められており、こちらも大変興味深いものです。
091025ハチャ.jpg
ハチャトゥリヤン〜その作品と生涯
icon
著者:ティグラノフ.G.G.
訳:宮下トモ子、
  菊池嘉人
出版社名:新読書社
価格:2,100円(税込)
「仮面舞踏会」に戻りますが、皆さんもこの曲を聴いた瞬間に「怪しさ」を感じたのではないかと思いますが、実はこの曲、賭博や不貞疑惑や最終的に夫が妻を毒殺してしまうとか、賭博での恨みを果たす復讐劇的要素とか、綺麗な背景のある曲ではありません。そうわかると、あの独特な音型も納得してしまいますね。
そしてそんなことを何も知らずに踊っている「舞踏会」での人々との対比などが、わかりやすい曲調で描かれている作品だと実感しました。
話は横道にそれますが、真央ちゃんの今シーズンのこの曲のアレンジのことですが…。
フランス大会、昨日のロシア大会の2回をテレビで見ました…。ちょっと残念な状態が続いていますよね。。。
正直なところ、昨年使っていた録音(おそらくパーヴォ・ヤルヴィ指揮/フランス放送フィルハーモニー管弦楽団という説もあるのですが、確証がとれておりません。)の方が圧倒的に音が良かったですね。今回は、「軽めの仕上げ」ということでアレンジされたようですけれど、オーケストラの音が薄過ぎじゃないかと思います。「軽い」と「薄い」は全然違うニュアンスです! しかも新村理々愛(りりあ)さん(14歳)のフルートが加わるからと期待していたのですが、見せ場になるようなソロパートなどのアレンジもないし…。彼女の演奏をもっともっと生かした素敵なアレンジを期待していたからとても残念です。新村さんの音楽性は私とても期待しているのです☆ せっかく新たに録音したのに…、アレンジの見直しが必要なんじゃないかな〜と思うのは私だけでしょうか? これじゃあ…真央ちゃん跳べないよ…とも思ったりして…。真央ちゃんだけ頑張っても改善されていかないのではないでしょうか? 今年のフリー曲ラフマニノフの「鐘」(この曲についてはコチラに書いてあります。→「究極のアンサンブルを目指して〜浅田真央ちゃんに期待!」)と同様、音楽も高めて欲しいと思います。フリー曲と同じオーケストラが演奏しているはずなのに…。

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

Sピアノ.jpgさて、ここからは現実に戻りまして…
偉そうなこと書いていても…自分の練習となるとまた別問題(大汗)。
8月からピアノに触っていなかったうさは当然のことながら、ボロボロで再び初見状態と変わらず。ゆえに、譜読みからということで、最初はゆっくりと一つ一つ音を確認しながら一緒に弾いていただきました。(ゆみちゃんセンセの根気強さに助けていただきました!! ありがとぉ〜〜〜〜☆ これぞ「愛」ね[黒ハート]
(写真はゆみちゃんセンセ宅のピアノ。なんと!スタインウェイざんす♪)
休むことなく1時間半。体力を消耗する曲で、息切れしました。こういうのに合わせて滑る真央ちゃんは凄いわ…と(ちょっと違うかっっっ)。
でも、何となく曲の構成が見えてきて、とても有意義な時間を過ごせました。
あとは、私の指がもう少し廻るようにするためのリハビリと、音をしっかり覚えこむように個人練習が必要ということだわ。。。次の11月の練習日までには、なんとか一度くらい自宅のピアノに触れるように時間捻出(音だし時間が限られているので、平日は絶対に無理なのよね…)を頑張りますわん☆

ブログランキングに参加しております。宜しければ評価と共に応援をお願いいたします♪

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この作曲家のお誕生日だから、ちょっと聴いてみる?

今日はじとじと指数が高いですね。。。
明日から、このじとじとを脱出して北海道に行ってきま〜す! 今回は父のお見舞いがメインで月曜日には帰ってくるから、あまりあちこち回ることは出来ないと思いますが。
そんなわけで3日程レスをつけることが出来ない状態になると思います。携帯で読む程度のチェックはしたいと思っておりますが、お返事が遅くなったり、訪問出来なかったりするのでご了解くださいませ☆
まだ旅行の準備を何一つしていないのっっっ。今日は普通に出社だし。今晩はちゃんと眠りにつくことが出来るのかしら〜っっっ。
さて、今日7月10日はドイツの作曲家でもあり、教育者でもあったカール・オルフ(Carl Orff=1895年7月10日〜1982年3月29日)という人のお誕生日。
こうして改めて生きていた年代を書き出してみると、自分とも重なる部分も多く、最近の作曲家だなぁと今更ながらに実感します。クラシック音楽といっても「現代音楽」に分類される人なのかな。
オルフと言えば、世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」という曲が真っ先に思い浮かびます(というか、これしか知らないかも)。
タイトルだけ聞くと「とっつきにくそう」なんて思うかもしれないけれど、合唱とオーケストラで織りなされる曲で、映画やゲームのBGMでも多く使われているから、きっと聴けば「ああ、この曲〜!」ってわかると思います。
初めてこの曲を聴いたのは、大学生の頃。同じ学生たちの合唱発表会みたいなもので、「カルミナ・ブラーナ」から抜粋した2、3曲を聴きました。もう○十年も前のことだけれど、ものすごい衝撃を受けて鳥肌がたったことだけはしっかり覚えています。
ちょっと聴いてみますか?
もともとは、中世の詩歌集を題材として、作曲されました。全曲通して聴くと、本当は1時間くらいの大曲なのですが、中でも「おお、運命の女神よ」の部分が一番有名な旋律だと思います。
もう少し読んでやってもいいぞ、あるいは聴いてやってもいいぞという人はこちらから
↓(トップページが重くならないようにとの配慮でございまして)

“この作曲家のお誕生日だから、ちょっと聴いてみる?” の続きを読む