タコに興じる

「タコ」といっても軟体動物の「タコ」のことではありません。
木○拓哉が「キ○タク」などと言われるのと同じように、クラシック音楽仲間と話しをするとき、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906—1975・ロシアの作曲家)のことを略して「ショスタコ」とか「タコ」と呼ぶのです。正直なところ、ショスタコの曲に対して私は難解なイメージしか持っていなかったので、ずっと敬遠していました。でも、先日、ずっと未聴だったCDを何気なく手に取り聴いてみて、「あれ?」と思いました。

icon
チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ ハンナ・チャン(vc)パッパーノ&LSO
icon
CDデータ
Dmitri Shostakovich (1906 – 1975) Concerto for Cello no 1 in E flat major, Op. 107
• 演奏者 : Chang, Han-Na (Cello), Jones, Tim (French Horn)
• 指揮者 : Pappano, Antonio
• 楽団 : London Symphony Orchestra

それは、ハンナ・チャン(チェリスト)が奏でるショスタコのチェロ協奏曲第1番と、チェロ・ソナタd-moll がカップリングされたもので、彼女の演奏スタイルに助けられたのか、素直に素敵な曲だと感じたのです♪今までの「タコ」のイメージは拭い去られ、もう少し聴いてみたいとさえ思うようになりましたぴょん☆

2007年4月に偉大なチェリスト・ロストロポーヴィチが天に召されたけれど、ロストロさんとショスタコが親しく交流を持っていたことは有名。そしてこの協奏曲第1番もロストロさんに捧げられた曲。11歳の時にロストロポーヴィチ国際コンクールで1位をとり、一躍脚光を浴びたハンナ・チャンが弾いているっていうのも運命的なものを感じたりします☆

表現するということ☆

バレリーナのお友達に教えていただき、カミーユ・サン=サーンス(1835〜1921、フランスの作曲家)の「白鳥」バレエ2種類をYou Tubeで見ました。「白鳥」は私の大・大・大好きな曲の中の一つでもあるのです。

swan2.jpg

 

この曲は《動物の謝肉祭》という全14曲からなる組曲の13番目の曲にあたり、初演(1886年)はなんとお友達のルブークという人の家での夜会で、サン=サーンスとディエメという人がピアノを弾き(2台か連弾かは?)、ルブークがチェロを弾いたらしいのです。当然非公開というわけですが、なんて贅沢なパーティーなんでしょう!!(一般的な初演はサン=サーンスが亡くなってからとのこと)

swan1.jpg

 

音楽の世界では、優雅に白鳥が湖面を泳いでいる様子を描写したというのが一般的なのですが、バレエ界では、「The Dying Swan(瀕死の白鳥)」というタイトルがつけられ、その名の通り天に召される直前の白鳥が表現されます。
振付けはロシアのミハイル・フォーキン(1880〜1942、ロシア出身のバレエダンサー、振付師)という人が1905年にアンナ・パヴロワ(1881〜1931、ロシアのバレリーナ)のために振付けし、浸透していったのだそうです。

(写真は私の母が07年2月に撮ったものです)

 

今まで音楽の世界でしかこの曲を知らなかった私は、バレエ界での解釈を知り、イメージってすごく広がるものなのだと改めて知りました。そして、作曲家の偉大さをも同時にガツンと知らされたというところが本当のところ。だって、全く違った解釈からこの曲の新たな魅力が見えてきたんだもの。「芸術」って奥が深い…。
そして…

“表現するということ☆” の続きを読む

天才モーツァルトの活用法!?

前回の「どんな時に音楽を聴きたくなる?」は、クラシック音楽に限らず、皆さんからいろいろお話を伺えてとても楽しかったです。
それで、ふと思い出したお話を今日はご紹介させていただきます。これは、クラシック音楽愛好家の間ではかなり有名なお話なので、マニアの方はその他に知っている情報があれば、ぜひぜひフォローしてくださいませ。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)という名前を皆さんは知っていらっしゃいますよね? オーストリア生まれで、クラシック音楽の作曲家の一人です。子供の頃から「神童」と言われるほどの才能を持ち合わせ、世の中の人々を驚かせました。彼は真の天才だと私も信じています。
そして、彼の音楽を聴くと「頭がよくなる」なんてことも言われているんです。最近では、酒蔵でモーツァルトの曲を流していると、美味しいお酒が出来るとか、牧場で牛に聴かせると牛がリラックスした状態で健康を維持出来るから美味しいお肉になるとか…いろいろなところで利用されているようですが…。
もし、本当に…頭が良くなるのなら、是非聴きたい! なんて思ったりしませんか?

91年フランスの医師により、モーツァルトの音楽は心身に影響を与えるということが発表され、その後93年10月に、世界的にも権威があると言われている自然科学誌「ネイチャー」に、カリフォルニア大学の心理学者らが、「モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』ニ長調K.448を聴くと、人の知能指数が上がる」という内容の論文を発表されたんです。

当時、このニュースは日本国内でも話題になり、受験生を持つ親たちは、こぞってこの曲の入ったCDを買いに走ったのだそうです。特に研究に使われたマリー・ペライア&ラドゥ・ルプーが弾いたCDは飛ぶように売れたのだとか…。
(このCDじゃないかな…と。演奏者はまさにペライア&ルプーなのです!なんと入手可能です!)

icon
icon
[次項有]モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ、幻想曲、アンダンテと変奏曲、シューベルト:幻想曲 ペライア、ルプー
icon

[演奏][ぴかぴか(新しい)]マレイ・ペライア&ラドゥ・ルプー[ぴかぴか(新しい)]
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルSICC—1031 [収録曲]
[るんるん]モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ
[るんるん]シューベルト:幻想曲 他

ただ、この「知能指数」が上がるというのも、どうやら15~20分くらい一時的に上がるということもちゃんと論文には書かれていたようなのです。だから、受験生がいくら聴いたところで、本番で力を発揮できるということもなかったんだと思いますけれどね…。

それでも中には、「詐欺だ」などと裁判沙汰にした親までいたのだとか…。あ~なんという親ばか…。

はっきり言うと、この曲は、クラシック愛好家の中でもそんなに浸透している曲とは言えません。個人的には、学生時代弾いた曲なので、結構好きな曲なのですが、モーツァルトの中でもマイナー系のこの曲を採り上げて実験に使われたということが、ちょっと驚きです。もしかして、学者さんの中にピアノ連弾や2台ピアノが好きな方がいらっしゃったのかもしれません♪ と、想像すると秘かに嬉しくなったりする私ですが(笑)。最近のところでは、「のだめカンタービレ」で、のだめと千秋がこの曲を弾いているシーンもありました^^

ものは試しと、実は私、英会話スクールに行く前に、この曲を聴いてから行こうと思い立ったことがありました。
演奏は、中井恒仁さん&武田美和子さんの「ピアノデュオ 中井恒仁&武田美和子『「Mozart 』」というCDです。彼らの演奏もとっても軽快で素敵♪ 気持ちよく、レッスンへと向かいました!!
だけど結果は…。う~ん…普段のレッスンとなんら変わりなかったような…(笑)。まぁ、自宅からスクールに行くまでに自転車で20分くらいかかっているから、効力があったとしたら自転車に乗っている間の判断力とか…ね。そんなところで使われてしまったのでしょうけれど…。何かに落としてiPodとかウォークマンでレッスン直前まで聴いたりすると、もしかすると、少しは集中してレッスンを受けられるのかもしれませんが、まだそこまではやっておりません。どなたか是非試してみてください(笑)。

モーツァルトって、幼少の頃から、たくさんの国を旅をしていて、語学がとても堪能だったそうなんです。何カ国語を話せたのかな…。そのせいか、その国独特の他の人種ではなかなか聞き取れない「音」の違いも含めて、全て身に付けていたらしいですね。彼の耳の良さは、そのまま彼の音楽の豊かさに繋がっているのだと何かで読んだ記憶があります。
まぁ、でもモーツァルトの音楽は「知能指数」が上がろうが上がるまいが、私はむしょうに聴きたくなることがあります。何年か前に「アマデウス」という映画があって、あのキャラクターを見た時、あ~あ…なんて思ったけれど(実際、品のない「詩」みたいなものも結構残していることなどから、妙に納得してしまったことも事実ですが…)、モーツァルトの音楽は本当に凄いと思います。その映画で使われたピアノ協奏曲第20番の第2楽章は、本当に「天上からの声」のような響きに満ちあふれているなと感じたし…。実際普通の人とは脳みその回路が違っていたんじゃないかなと思います。

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 




シリーズその2☆同曲異演の楽しみ

静岡付近にお住まいの方は日頃から地震対策をされていたから、被害が少なかったとのニュースも聞こえてきました。東京では今朝また地震があったり、やっぱりしっかり備えておこうと心に誓った私です。西日本あたりの方たちは、大雨の被害と…自然による災害が次から次へという今日この頃。皆様はお元気にお過ごしでしょうか? そんな中、こんなお気楽なブログを書いていてよいのかしら…と思いつつも、本日久々にアップさせていただきます。

[るんるん] お待たせいたしました♪ シリーズ☆クラシックコンサートへ行こう その1☆クラシックコンサートにはどんな服装で行ったらいいの?(シリーズものにする予定)から2ヶ月が経ってしまいましたが…(汗)。
さて、前回予告では「じゃあ、どんなコンサートに行けばいいの?」あたりを取り上げたいと書いたのですが…やっぱり難しい(笑)。でも一応、本日はその導入編にもなるかな〜と思いながらテーマを選んでみました。
まず今回はクラシック音楽の楽しみ方の一つの方法を知ってもらえたらと思いまして、「同曲異演の楽しみ」を書いてみたいと思います。「同曲異演」なんて言葉聞きなれませんよね(笑)。同じ曲を違う人が演奏するという意味なんです。ポピュラー系の音楽だと「この人の持ち歌」的な感じですが、クラシック音楽っていうのは同じ曲を何人もの演奏家が「こういう解釈はどうだ?」とばかりに演奏するんです。
今日は、その違いがわかりやすい曲をと思い、普段私もあまり聴かないオーケストラの曲を取り上げてみることにしました。(チャレンジ〜☆)
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」です。
この曲のタイトルを見た瞬間、「知っている!」と思われた方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
実は、「じゃじゃじゃじゃ〜〜〜〜〜ん」で有名な曲です。
多分、知らないと思われた方でも聴いてみたら、ああ、そう言われたら知っているかもと思うかもしれません。

まずはyoutubeで、「ベートーヴェン・交響曲第5番」と検索をかけて、適当に同じ曲を違った指揮者、違ったオーケストラが弾いている2つの演奏の最初の10秒だけで良いから聴いてみてもらえますか?

(実はここにyoutubeのリンクを貼っていたのですが、現在見ることが出来なくなってしまったのです。ごめんなさい。)

例えば下記の指揮者2人の演奏とか。

[かわいい]指揮=ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908年4月5日 〜 1989年7月16日、オーストリアの指揮者。いろいろな逸話も多く、とてもオシャレな人でもありました。スーツにブーツなんていでたちでリハーサルに登場したりする人です♪ このスタイルって当時としては、かなりの「オシャレ」さんだったんですよ。)

[かわいい]指揮=カール・ベーム (1894年8月28日〜1981年8月14日、オーストリアの指揮者。もともと法律の勉強をしていて弁護士さんを目指していた人です。一見お堅く見えますが、とてもおちゃめな部分もあった方と聞いています。)

どうでしたか? 同じ曲だけれど、何か違って聞こえたりしませんでしたか?
わかりやすいところだと、全然テンポ(速さ)が違っていると思います♪

カルロス・クライバーという指揮者はじゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んの部分がとっても長かったり、やっぱり同じ曲なのに、ちょっと違った曲のようにも聴こえてきます☆

これは指揮者の例ですけれど、もちろん、ピアノ独奏だって、声楽だって、クラシック音楽って弾き手によって様々な解釈があり、違っているものなんです。
同じ曲でもある人の演奏を聴いた時は「つまらない曲」って思っていても、別の人の演奏を聴いた時に「ああ、なんていい曲だったんだろう」なんて思うことは私の場合、結構よくあります。だから、自分に合った弾かれ方っていうのがきっとあるんだと思うんですよね。どんな風に伝わってくるのが自分好みなのかは私も自分ではよくわかりません。けれど、自分と相性の良い音楽と出会えた時の感動っていうのがクラシック音楽を楽しむ醍醐味の一つにあるものなんですよ♪
(いつになるかわからない次回に続く)
本日は「聴き比べ」についてのお話でしたので、お薦め盤はこれです☆


Sampler Classical/聴き比べ体感! Blu-spec Cdxcd: クラシック編 2 (+cd)(Ltd)

CDが2枚セットされていて、同じ曲順で、違う人が演奏している、まさに本日書いたような内容のCDがソニーレコーズ インターナショナルさんから発売されています♪ 7月に発売されたばかりなので、値段はまだどこで買っても同じ1500円のようです。

なので、上記のジャケット写真はソニーさんのリンクを貼っておきますね♪

 

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 




7月10日はオルフのお誕生日だから「カルミナ・ブラーナ」でも聴いてみる?

今日7月10日はドイツの作曲家でもあり、教育者でもあったカール・オルフ(Carl Orff=1895年7月10日〜1982年3月29日)という人のお誕生日。

こうして改めて生きていた年代を書き出してみると、自分とも重なる部分も多く、最近の作曲家だなぁと今更ながらに実感します。クラシック音楽といっても「現代音楽」に分類される人なのかな。

オルフと言えば、世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」という曲が真っ先に思い浮かびます(というか、これしか知らないかも)。
タイトルだけ聞くと「とっつきにくそう」なんて思うかもしれないけれど、合唱とオーケストラで織りなされる曲で、映画やゲームのBGMでも多く使われているから、きっと聴けば「ああ、この曲〜!」ってわかると思います。

初めてこの曲を聴いたのは、大学生の頃。同じ学生たちの合唱発表会みたいなもので、「カルミナ・ブラーナ」から抜粋した2、3曲を聴きました。もう○十年も前のことだけれど、ものすごい衝撃を受けて鳥肌がたったことだけはしっかり覚えています。

“7月10日はオルフのお誕生日だから「カルミナ・ブラーナ」でも聴いてみる?” の続きを読む

深遠な響きに酔いしれて〜小山実稚恵さんのピアノ・リサイタル

先週の土曜日、小山実稚恵さんのコンサート
「『小山実稚恵の世界』〜ピアノで綴るロマンの旅」
に足を運びました(東急文化村オーチャードホール)☆

このコンサートはシリーズもので、2006年から12年かけて毎年春と秋に24回のリサイタルを開催するという、とてもとても大きなプロジェクト。

“深遠な響きに酔いしれて〜小山実稚恵さんのピアノ・リサイタル” の続きを読む

ニュース2題〜日本人指揮者の活躍ぶり

[るんるん]指揮者の大植英次さんが、ドイツのニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章を受章したそうです。

「受章理由は、ニーダーザクセン州におき、音楽を通して教育や文化に貢献し、様々な活動を通し州民に心のゆとりを与えることに貢献したことです。このコンサート、及び授与式は、現地でも熱い注目を集めています。」梶本音楽事務所発(現在、KAJIMOTOに変更)

大植さんは、現在、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー首席指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、バルセロナ交響楽団音楽監督を務めています。

[るんるん]6月15日、大野和士さんとリヨン歌劇場によるオペラ「賭博師」、「ルル」などが、フランス批評家協会による「クロード・ロスタン賞」を受賞されたそうです!
梶本音楽事務所発(現在、KAJIMOTOに変更)
おめでとうございます!

2人の日本人指揮者の活躍、今後も楽しみですね♪
確か大野和士さんは、ピアニストの小山実稚恵さんと芸大時代同級生だったんじゃないかな〜♪

[るんるん]大野和士さんのCDからは、大好きなピアニストのエル=バシャさんとの共演を挙げておきます[るんるん]


プロコフィエフ(1891-1953)/Piano Concerto 2 5 : El Bacha(P) 大野和士 / Monnaie So

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 

ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」

村上春樹さんの「1Q84」が発売日から12日で100万部を突破したというニュースに驚きました!! ハリポタ(予約販売があったので売れて当然状態)を除けばダントツで記録を塗り替えたらしいです(昨日のフジテレビ「特ダネ」でやっていました)。もう皆様手にとられましたか? 私完全に出遅れています(汗)。
(本屋さんに聞いたところ6月23日には第2刷が出来るので、現在予約受付中とのこと。)

“ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」” の続きを読む

快挙! 辻井くん、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝おめでとう!

世界でも屈指のピアノ・コンクールの一つ、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、中国人ピアニストの張昊辰(Haochen Zhang・19歳)さんと共に、全盲の日本人ピアニストの辻井伸行さん(20歳)が優勝したという朗報が入りました!! 嬉しいニュースですね!!!
快挙です!!

このヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは、チャイコフスキー国際コンクール第1回優勝者である、ピアニストのヴァン・クライバーンを祝して1962年から4年に一度開催されているアメリカでのコンクールです。かつて、ラドゥ・ルプー、アレクセイ・スルタノフなどの優勝者が出ているコンクールで、優勝者には、賞金2万ドル+アメリカ内外を含むツアーコンサート契約、米ハーモニア・ムンディからのCDレコーディングが約束される等が与えられるというビッグなコンクール。辻井さんは、日本人で初の優勝者ということになります!

辻井伸行さん、
ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール
優勝おめでとうございます!!!

“快挙! 辻井くん、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝おめでとう!” の続きを読む

クラシックコンサートにはどんな服装で行ったらいいの?

クラシック音楽のコンサートって敷居が高いですか?
「なんだか行ってみたいけれど、気楽には行けない気がする」なんて、よく聞きます。でも、決してそんなことないんですよ♪
たまに「コンサートを聴きに行くのに何を着ていったらいいの?」と質問されます。

コンサートホールって、今はどこもとても素敵な作りになっているんですよね。私は個人的にサントリーホールが好きかな。赤い絨毯のホワイエ、大ホールの中にはビールの泡をイメージした照明? それから、歴史のある東京文化会館も渋めで好きです! 東京オペラシティ、新国立劇場、すみだトリフォニーホール…etc. ホールのことを書いていたらそれだけで数日分の日記になってしまいそう(笑)。
そんなホールにお出かけする時だから…。

“クラシックコンサートにはどんな服装で行ったらいいの?” の続きを読む