「花子とアン」で使用されたクラシック音楽のアルバム


2014年3月31日〜9月27日まで全156回放送されたNHK連続テレビ小説「花子とアン」。主人公の村岡花子の妹の安東かよが働いていた「カフェードミンゴ」の店内でかかっていたBGMを中心にセレクトされたクラシックコンピレーションアルバムがリリースされています。

その名も「銀座のカフェーで聴きましょう」

以前、当ブログでも、カフェードミンゴでラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番がかかっていたという記事を書きましたが、その他のシーンでかかっていたクラシック音楽が詰め込まれたアルバムです♪

例えば…

東京に来ていた朝市と武が、最後にドミンゴでカレーを食べて甲府に帰っていくシーンでのBGMは、ヨハン・シュトラウスの「ラデツキー行進曲」が用いられました。この前日、朝市は、はなへの想いを村岡英治に明かし、「はなを頼む」と告げた翌日ということで、「新しい門出」を晴れやかに後押しするBGMとされています。

そんな様々なシーンの裏話的なこともブックレットに納められており、これを一読するだけでも「へぇ〜!」と思ったり、再びそのシーンを思い出したり、楽しめる1枚になっています。

ブックレットはこちらからダウンロードすることができます。
アルバム特設サイト(飛び先ページの下の方にあります。)

 

iTunesでこのアルバムを購入する。(あるいは試聴する)→銀座のカフェーで聴きましょう~カフェードミンゴのBGM(連続テレビ小説「花子とアン」より) – Various Artists

 

CDを購入する。 ↓

 

銀座のカフェーで聴きましょう~カフェードミンゴのBGM(連続テレビ小説「花子とアン」より)

 

〈収録曲〉

1. シューベルト/弦楽四重奏曲第14番「死と少女」第1楽章

2. サラサーテ/ツィゴイネルワイゼンOp.20

3. チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35 第1楽章

4. J.シュトラウス2世/ワルツ「ウィーン気質」

5. ビゼー/「カルメン組曲」第2番より“ハバネラ”

6. ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18 第1楽章

7. エルガー/ 愛の挨拶

8. サティ/三つのグノシェンヌ第3番「ゆっくりと」

9. ロッシーニ/歌劇「ウィリアム・テル」より序曲

10.ヴェルディ/歌劇「椿姫」第1幕より“乾杯の歌”

11.ブラームス/大学祝典序曲

12.モーツァルト/ ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491 第2楽章

13.ボッケリーニ/弦楽五重奏曲ホ長調G.275-第3楽章(ピアノ版)

14.メンデルスゾーン/無言歌集第30番Op.62-6 「春の歌」

15.モーツァルト/レクイエムニ短調-みいつ(恐怖)の大王

16.ムソルグスキー/禿山の一夜

17.ドビュッシー/前奏曲第1集より“亜麻色の髪の乙女”

18.マスネ/歌劇「ル・シッド」のバレエ音楽より“アラゴンの踊り”

19.シューベルト/楽興の時第5番ヘ短調

20.ロッシーニ/歌劇「セヴィーリャの理髪師」より序曲

21.ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱付き」第4楽章

22.チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」第1幕より行進曲

23.ヴィヴァルディ/ 2つのトランペットの協奏曲ハ長調 第1楽章

24.ヘンデル/オラトリオ「メサイア」より“ハレルヤ・コーラス”

25.J.シュトラウス1世/ラデツキー行進曲

26.ワーグナー/歌劇「ローエングリン」より“婚礼の合唱”(オルガン版)

27.J.シュトラウス2世/喜歌劇「こうもり」より、序曲

28.ヴェルディ/レクイエムより怒りの日

29.チャイコフスキー/組曲「くるみ割り人形」Op.71aより“花のワルツ”

30.シューベルト/交響曲第8番「未完成」第1楽章

Special Track=フェルモ.D.マルケッティ/魅惑のワルツ

 

うさ

投稿者: うさ

某K音楽大学(教育音楽学部)卒。現在は、細々とですがクラシック音楽に関わった仕事をしています。

“「花子とアン」で使用されたクラシック音楽のアルバム” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA