【訃報】偉大なる指揮者マゼール氏が急逝!

世界的な指揮者、そして作曲家でもあったロリン・マゼール(Lorin Maazel)氏が7月13日、肺炎による合併症のため米バージニア州キャッスルトンの自宅で死去。享年84歳。

マゼール氏は、1930年3月6日、パリ近郊生まれの米国人。5歳からヴァイオリンを、7歳で指揮を学び、8歳で初めて指揮者として公の場に登場。

ウィーン国立歌劇場やニューヨーク・フィルハーモニックなどを始め、多くのオーケストラを牽引してきたクラシック音楽界の巨匠であった。

昨年だけでも100回以上のコンサートを指揮しており、今まで5000回近くのオペラやコンサートの公演を行なってきたという。今年になり、体調を崩し療養していた。(参考「Lorin Maazel」)

今年(2014年)5月には、ミュンヘン・フィルを率いて日本でのコンサートが予定されていたが、体調不良ということでキャンセル(グスターボ・ヒメノが代役)。

現在、札幌で開催されているPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)にも首席指揮者として参加が予定されていたが、6月に医師団から活動再開には時期尚早との強い助言を受けたため、取りやめになっていた(マゼール氏に代わって、佐渡裕氏とジョン・ネルソン氏に変更)。

ご冥福をお祈りします(合掌)。

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+
 

本格的なクラシック音楽を楽しめる映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」公開!

映画のタイトルになっている「パガニーニ」とは、ニコロ・パガニーニ(1782年—1840年)というイタリアのヴァイオリニストのこと。しかもただのヴァイオリニストとは一線を画した超絶技巧を駆使できるスーパースター的な存在。

パガニーニの肖像画
パガニーニの肖像画

作曲も手がける人で、名曲も多数残っており、後にパガニーニが作った曲をもとに、

ブラームス
「パガニーニの主題による変奏曲」

ラフマノフ
「パガニーニの主題による狂詩曲」

リスト
「パガニーニによる大練習曲」

を始め、偉大な作曲家たちがパガニーニの曲をもとに、様々な曲を作っているのですから、その才能たるや想像が膨らみます。

“本格的なクラシック音楽を楽しめる映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」公開!”の続きを読む