ヴァイオリニストはお疲れのご様子…?!

今年も残すところあとわずか。
この時期普段の仕事に加え、入力のアルバイトも自宅でやっているため、更新はもちろん、皆様のところに訪問なども出来ずに失礼しております。
さて、今年最後となる記事をどうしようかな…と考え、忙しい時こそ痛快な楽しい物を! と思い、鶴我裕子さん著の本をご紹介させていただきます☆ もしお正月休みなるものがある方にはぜひぜひお薦めしちゃいます☆

鶴我裕子/バイオリニストは肩が凝る 鶴我裕子のN響日記

バイオリニストは目が赤い
実はこの2つの本の内容は全く同じ。どちらもお疲れのご様子で、肩が凝っていたり、目が充血して赤くなっていたり…(笑)。
鶴我裕子/バイオリニストは肩が凝る 鶴我裕子のN響日記」は、2005年にアルク出版企画から上製本で出版されました(上)。価格は1,890円。(写真の大きさが下よりも小さくなっていますが、こちらの本の方が大きいです)
鶴我裕子さんは元々NHK交響楽団のヴァイオリン奏者でした。現在はすでに引退されていらっしゃいますが、この本は現役時代に書かれたものです。現役なのに…ここまで暴露しても大丈夫??? と思うくらいそれはそれは正直であり、痛快であり、言いたかったことを全て代弁してくれるかのようなしかもリズミカルな口調(文調)で綴られており、とにかく「にやり」としてしまうエッセイなのです☆ 指揮者の話、楽団員の話、演奏旅行の話…etc…
それが、なんと! この12月で文庫本としても登場してしまいました! やっぱり評判が良かったのでしょうね♪ 出版社さんは変わって新潮社へ。
多分会社が変わったこともあり、タイトルが「バイオリニストは目が赤い」と、微妙に変りました。価格は580円。とにかく軽くなりました。持ち運びが楽々です!(計ってみたらおおよそ185gくらいでした) 
最後の3ページ程度の「文庫本のためのあとがき」が増えただけで(「同じ内容で違うと思った人はごめんなさい」等という内容のもの)、中身は一緒。
どちらもまだ手に入るようなので、仕様によるものはお好みでどうぞ☆ という感じです^^

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

さて、文頭にも書きましたが、今年ももうまもなくおしまいになります。私にとって今年はブログ元年であり(サブブログのこちらまで作ってしまったし)、結婚1周年を先日迎え、父の他界…。とにかく幸あり悲しみありの大波小波の1年となりました。
ブログを始めたことによって、たくさんの新しい出会いにも巡り合え、こうして読んでいただける喜び、交流させていただける喜び、そして心の支えになっていただけた喜び…。たくさんの喜びをいただくことが出来ました。
ありがとうございました。
仕事は会社自体は本日で仕事納めとなっておりますが、私自身の仕事はまだまだ。30日まで出社。そして1月2日が仕事始めとなっています。そして更に1月中旬くらいまでバイトにも追われる日々が続くので、1月前半の更新はあまり出来ないかもしれませんが、また来年もどうぞ宜しくお願いいたします!!
皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ☆

ブログ・ランキングに参加しています。宜しければ応援クリックをお願いいたします☆


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

事業仕分けとクラシック音楽

いろいろ波紋を呼んでいる「事業仕分け」。あちらこちらの無駄なうみを出す上では良いたたき台となっていると感じます。
ただ、100%これらの方針が正しいかというと、そうではないですよね。これは蓮舫さんもおっしゃられておりました。これを機会に反省点なども含め国民から意見をいただき、更に良い方向へと位置づけたいと。
この「事業仕分け」実はクラシック音楽業界も大わらわ状態になっているようでして。まずは、下記、記事と、You Tubeにて、世界的な名指揮者・小澤征爾さんと、民主党の幹事長・小沢一郎氏の「Wおざわ」対談を見てください☆
“財団法人の一部オーケストラについて、省庁OBの天下りで人件費がかさんでいる現状を説明。「財団法人の無駄を削らず、貧乏な民間オーケストラにしわ寄せがいくのは無理がある」と見直しを求めた。”

(毎日jp 12/10付より)

http://mainichi.jp/enta/art/news/20091210ddm005010058000c.html

実際にどこのオーケストラもとても継続していくのが大変だという話はあちらこちらから聞いております。必要な経費、不必要な経費、これを明確にすれば、「見直しを求める」のは有りだと私は思います。
そして、そんなことを考えながらこのブログをアップしようかどうか迷っていた時、友人から下記の情報をいただきました。もし、何か感じることがある方がいらっしゃれば、幸いです。
以下コピペです。

[かわいい] [かわいい] [かわいい]

民主党による事業仕分けによりオーケストラやそれに準ずる活動への予算が来年度から廃止・大幅削減される事になりそうです。 具体的には全国のオーケストラで発表されている来年度の定期演奏会な どの公演の殆どが中止・プロジェクトの廃止となってしまいます。
オーケストラが行う子供の為の音楽教室も無くなります。 そして1番大きな問題は日本の殆どのオーケストラが潰れてしまうとい うことです。日本のプロオーケストラ、ウインドオーケストラは国からの支援、企業 による援助によってようやく演奏会を開く事が出来ます。
華やかな舞台 とは違い少ない予算と沢山の努力によってやっと経営出来ているのに国 からの予算削減・事業廃止と言われたらたちまち仕事がなくなりオーケ ストラは解散するしかなくなります。
このままだと全国に2つしかオーケストラが存在しなくなるかもしれません。
そうするとコンサートもオペラも、接する機会が無くなります。職を失 うのは指揮者、楽団員だけでなく、事務局の方々、音楽事務所の方々、 ホールを使わなくなれば赤字になり結局ホールの職員の人たちも生活が 厳しくなります。一つの分野が衰退していけば様々な所に波及し、日本 に芸術分野が存在しえなくなります。
小澤さん、飯森範親さん、中村紘子さん、藤岡幸男さん、作曲家の三枝 さんなど楽界を代表される方たちが芸術文化を守るため活動してくだ さっています。 皆さんにも文化を守るため今の状況をご理解頂いた上ご協力して頂きた いことがあります。
これを読んで頂いた方にお願いがあります。文化庁へ意見の申し立てのご協力をお願いしたく思います。
皆さんにEメールを2通送って頂くことにより事態が変わっ て行くかもしれません。
お忙しい中恐縮ですが芸術、音楽の必要性を政治家、仕分け人、行政、 そしてたくさんの人に理解してもらう為に是非ご協力お願い致します。
メール(携帯、PCなどなんでも構いません)の内容ですがその際件名は
1通目件名:事業番号「4」事業名「文化関係1ー独立行政法人日本芸 術文化振興会」
2通目件名:事業番号「5」事業名「文化関係2—芸術家の国際交流 (学校への芸術家派遣)」
本文(共通):中川正春文部科学副大臣
後藤斎文部科学大臣政務官宛
1件目本文:『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』
2件目本文:『プロ・オーケストラによる本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。この事業は日本の文化活動を底支えしようという事業、また子供達の感 性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、という事業だ と考えます。この事業の継続を強く希望します。』
宛先はnak-got@mext.go.jp期限は12月15日になります。
今沢山の人の声が必要です。沢山の人にこの事態を知って頂き、ご協力をお願いしたいです。
芸術は儲かるものではないのかも知れないし、すぐ結果が見えるもので はありませんが生きていく上で無くてはならないものです。皆さんのご意見是非発信してください。
長文ですが読んでいただきありがとうございました。締め切り間近です みません。ご協力よろしくお願い申し上げます。
もし嘆願書をお送りいただける場合、住所と署名をよろしくお願いします。
——-
以上、あるとこからの記事の転載です。
メールの締め切りは明日(12月15日)ということです。
メールは民主党議員中川正春(http://www.masaharu.gr.jp/)、後藤斎(http://www.g510.jp/)宛となります。
関連web
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm
ここの文化関係午後の部10をご覧下さい。
http://www.asyura.com/09/senkyo74/msg/1007.html
関連ニュース
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120701000474.html
http://www.asahi.com/culture/update/1207/TKY200912070349.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000052-mai-soci
http://www.excite.co.jp/News/society/20091207/20091208M40.021.html

[かわいい] [かわいい] [かわいい]

以上コピペ終了
ということでした。
オーケストラ・ファンならずとも、クラシック音楽に少しでも関わっている人たちにとっては、とても重要な問題だと思います。
こういうところに意見するというのはいくら書くことを決めてもらっても勇気のいることだと思います^^;
まぁ、だけどこういうことでもないかぎり、私なんかは意見を述べるなんて一生ないかもしれませんが(笑)。
100%上記通りじゃなくってもちろん良いと思うのです。人にはいろいろ考えることがあるから。ちょっとこれから、メール文を考えてみようかな…と思っております。

[かわいい] [かわいい] [かわいい]

ブログランキングに参加しています。宜しければ評価がてらぽちっとしていただけると幸いです☆
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

セシール - セシール検定

セシール - キャンペーン

1月公開の映画「シャネル&ストラヴィンスキー」☆

いよいよ12月に突入し、心なしか街ゆく人たちの足どりも少し早足になっているような気がします。「師走」は誰もが忙しい…。そんな中で心まで失ってしまわないように生活していきたいものです。
昨日は提携していただいているセシールさんから、「春物のカタログ」案内が届きました。こういうファッション業界はすでに春物を意識し始める季節なんですね。そんなわけで?!(どんなわけだか、無理やりこじつけっっっ)
今日は「春の祭典」という曲がメインに使われた映画のご紹介です(試写会に行ってきました☆)。
「シャネル&ストラヴィンスキー」なんてタイトルを見ただけで「へぇ〜二人はどういう関係があったの?」なんて思ってしまいましたが…。

SCIMG4509.jpg

そうなんです! あのココ・シャネルと、イーゴリ・ストラヴィンスキーのお話なんですよ☆ 第62回のカンヌ国際映画祭のクロージング作品としても上映されたのだそうです。

“1月公開の映画「シャネル&ストラヴィンスキー」☆” の続きを読む