「ishi」「石を聞く肖像」〜木之下晃写真集

「ishi」「石を聞く肖像」

SCIMG4368.jpg

タイトルだけ見ても音楽とどう関係あるのか…「?」と思われた方も多くいらっしゃると思います。
これ実は「演奏家たちのポートレート集」で、音楽写真家の重鎮でもある木之下晃さんが20年間に渡り、撮り続けてこられた集大成とも言えるべき作品集なのです。
「ポートレートとは何か?」
木之下晃さんはずっとご自分に問い掛けられてきたそうです。
ライヴの写真ではあまりにも有名過ぎる木之下晃さんのポートレート集はやっぱり、ただの「ポートレート」に終わっていないことを確信いたしました。

SCIMG4366.jpg

被写体となっている演奏家たちは全部で200人。
「この石を見て感じたことをカメラの前で表現してください。」
という、ある意味むちゃ振りのようなことを、やってこられたのだそうです(笑)。
時には卵に見立て、
時には大口を開けて石をカプリと、
時には放り上げ、
時には身体の一部にし…。
演奏家たち一人一人が、見事に木之下さんの問いに答え表現しています。
そして、「表現者」という立ち位置をしっかり私達に伝えてくれています。
演奏家たちの顔ぶれも驚くものがあります!
アバド、アルゲリッチ、カレーラス、ドミンゴ、フルネ、アーノンクール、キーシン、クレーメル、マゼール、メータ、ムーティ、ラトル、武満徹…etc… 巨匠クラスの演奏家ばかりです。
更に、写真と共に添えられている一言も、巨匠ならではの言葉ばかり。
「これをどのように育てるか、考え抜かねば。」

(アントニオ・ガデス)

「肌で温めて、温かな音楽を。」

(フランツ・ウェルザー=メスト)

 

……等々。

写真と一緒にこれらの言葉を読んでいくと、「表現方法」とは限りないものなのだと実感できます。
お値段は少し高めで、
本体8,000円+税金(8,400円)
けれど、それだけの価値のある本だと私は確信しています。
いや〜、とにかく、すごい作品集です。
多くの言葉を語らずとも、現物を手にしてみた人だけがわかるこの商品の価値。

「ishi」PORTRAIO WITH A STONE


石を聞く肖像

木之下晃 著/飛鳥新社 刊

(飛鳥新社創立30周年記念出版)
定価8,400円(税込価格)
ブックデザイン:勝井三雄
編集:大原哲夫

上記はセブンネットさんの商品ページに飛びます。
HMVさんの商品ページはこちらから→「木之下晃/石を聞く肖像

スポンサードリンク


[るんるん] [るんるん] [るんるん]

お待たせいたしました☆(ってもう1ヶ月も経ってしまいましたが)
感謝を込めてカードを作りました。
おかげさまでこちらも100niceを超えることが出来ました。これも皆様のおかげでございます♪
キリ番ゲットのkontentenさん、自己申告ありがとうございました^^

card100.jpg

この写真のにゃんこは自分のにゃんこではありませんが、お台場の猫カフェもどきに行った時に撮影させていただいたにゃんこでございまして(笑)。よろしければお持ちくださいませ☆

シリーズその4☆コンサートへ行こう〜マナー編〈1〉ホールは響く設計になっています♪

〈演奏会のマナーについて〉その1
さて、コンサートにお出かけした際、気をつけなければいけない大切な「マナー」についても今日は少し触れてみたいと思います。

“シリーズその4☆コンサートへ行こう〜マナー編〈1〉ホールは響く設計になっています♪” の続きを読む

シリーズその3☆コンサートへ行こう〜服装編(その2)

このブログは、意外にも「クラシックコンサート/服装」という検索で来てくださる方が多いようです(笑)。5月21日の日記のアクセス数もいまだに伸びているんですよ^^
実は密かに皆さん悩まれていらっしゃるのかしら…と思い、少しずつ服装の具体的フォローもしつつ、クラシックコンサートのマナー編を書き足していこうかなと思っています。フォローと言っても私はファッションの勉強をしたわけじゃないので、あくまでも主観のもとでのご紹介ゆえ、ご了解くださいませ☆

“シリーズその3☆コンサートへ行こう〜服装編(その2)” の続きを読む

お酒とクラシック音楽とのご縁☆

天才モーツァルトの活用法」については、以前の日記に書きましたが、モーツァルトの効能(?)というのはあちらこちらに波及しているようで、あら、こんなところでも…? と、思いがけず遭遇してしまうことがあったりします。

モツ.jpg

「日本酒」の酒造さんたちの間でもモーツァルトが随分前から注目されているようなんですよね。モーツァルトの音楽を聴かせて美味しいお酒になるようにと仕込んでいるところが実は結構多いというお話を聞きました。ワインとかヨーロッパ系のお酒ならなんとなく理解出来るような気もするのですが、「日本酒」だなんて…!! とちょっと驚き。
そして、何故モーツァルトを使っているのか…それにもちゃんとした理由があってのことだというのです。

“お酒とクラシック音楽とのご縁☆” の続きを読む

お誘い〜内藤晃さんのピアノ・リサイタル

akirapiano.jpg

しんしんと降り積もる雪の夜は
辺りが静寂に包まれる。
暖かい暖炉のそばで
ぼんやりと窓から外を眺めている…。
北国育ちの私は何故だかそんな光景を思い浮かべながら、ショバンを聴いていた。音楽を聴いているのに、とても静かなのだ。こういうショバンに出会ったのは初めて。静かな夜に心地よい音が滑り込んでくる。そして、じわじわと体を温めてくれる音色が心にも染みてきた。
まるで耳元に優しい言葉を囁かれるているような…心地よい音楽。
そして、彼は音楽を心から愛しているという気持ちがよくわかる。
美しい音に酔いしれた演奏会だった。
↑これは昨年2月に行なわれた内藤晃さんのピアノ・リサイタルの感想です
(mixiにアップしたものを転用)。
ご本人の許可をいただけたので、今回は写真入りで登場していただくことにしました!
と言いますのも、なんと今度の日曜日、内藤さんの演奏会が行われるのです。
もっと早くお知らせ出来ればよかったのですが…。
彼の演奏を初めて聴いたのは彼がまだ中学生だった頃。私は30代くらいだったかな〜(ちょっとにごし気味に)。
当時から、世の中には凄い子がいるものだわ…と思っていたけれど、見事に開花したという感じです。

〈内藤晃ピアノ・リサイタル〉


11月15日(日)14時開演 津田ホール(交通アクセスはこちら
[るんるん]演奏曲目
 バッハ/パルティータ 第4番 ニ長調 BWV828
 グラナドス/組曲「ゴイェスカス

〜恋する男(マホ)たち」第1部

   〈愛の言葉〉、〈窓辺の語らい〉、
   〈灯火のファンダンゴ〉、
   〈嘆き、美女(マハ)とナイチンゲール〉
 ヤナーチェク/霧の中で
 シューマン/幻想曲 ハ長調 作品17
お問合せ
(株)音楽事務所サウンド・ギャラリー
(↑クリックで飛べます)TEL03-3351-4041
(全自由席:前売¥3,000 当日¥3,500)
曲目はちょっとマニアックと言えばマニアックです(笑)。だけど内藤さんは、たくさんの色彩の引き出しを持ち合わせており、そこから紡ぎ出される音楽は本当に素晴しいものなので、きっと最後まで飽きずに聴けると思いますよ♪
うさうさ超お薦め印をつけたいところです!
もし、興味を持たれてお時間が合う方がいらっしゃれば、一緒に行きませんか? 「音楽事務所サウンド・ギャラリー」様宛てに電話予約することも可能ですし、そういうのは苦手だという方は、うさ宛てに早めにメールをくだされば、受付に料金引き換えでチケットを置いていただくようにお願いすることも出来ると思いますので☆
内藤さんは先月20日にCD第2弾もリリースされました。私はまだ聴いておりませんが、おそらくまた素晴しい音楽が詰め込まれていることでしょう♪(コンサート当日会場販売もおそらくあるのではないかと思います)

[ぴかぴか(新しい)]new CD[ぴかぴか(新しい)]

「Les Saisons」内藤晃(ピアノ)
icon

↑HMVさんでも購入できます(文字をクリックしてね)↑
CD.jpg

♪内藤晃さんの公式ホームページはこちら
 ↓
http://www.akira-naito.com

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

大変ご無沙汰してしまうこととなりました。悲しい出来事があり、アップするまでに期間があいてしまいました。
少しずつ心身共に回復しております。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
今回は「うさうさの月記帳」と同じものを同時アップいたしました。