ピアノ連弾練習中☆ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」

昨日、8月以来(その時のブログはコレ→「れ・ん・だ・ん」〜考え中〜」☆)2ヶ月ぶりに連弾の練習のために、相方のゆみちゃんセンセ宅にお邪魔いたしました。(夫も一緒に)
newハチャ.jpg今回私たちが取り組むことになったのは、アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン(1903〜1978、アルメニア)作曲の「仮面舞踏会」です。
この曲は浅田真央ちゃんが昨シーズンフリーの曲、今年もショートプログラム用の曲として使用している曲です。

(写真=ハチャトゥリアン)


もともと戯曲の「仮面舞踏会」(ミハイル・レールモントフ作)を題材にした全14曲からなる曲をさらにハチャトゥリアンは組曲として5曲(ワルツ、ノクターン、マズルカ、ロマンス、ギャロップ)に再編成しました。そして真央ちゃんがスケーティングしている曲はこの第1曲目の「ワルツ」で、私たちもこの「ワルツ」のみを練習し、12月の酔っ払い忘年会(正式名称は違いますが ^^;)で弾くことになっているのです☆
ゆみちゃんセンセからこの曲について「どろどろした曲なのだ」というレクチャーを受けまして、もっと詳しく知りたくなったうさでございます。
ちなみに、下記の本をはハチャトゥリアン自身についての内容が書かれています。1978年まで生きていた人ですから、私も同じ時代を少しだけ一緒に生きた作曲家ということになります。文献等もかなり残っているようで、貴重なハチャトゥリアン自身の遺した言葉なども納められており、こちらも大変興味深いものです。
091025ハチャ.jpg
ハチャトゥリヤン〜その作品と生涯
icon
著者:ティグラノフ.G.G.
訳:宮下トモ子、
  菊池嘉人
出版社名:新読書社
価格:2,100円(税込)
「仮面舞踏会」に戻りますが、皆さんもこの曲を聴いた瞬間に「怪しさ」を感じたのではないかと思いますが、実はこの曲、賭博や不貞疑惑や最終的に夫が妻を毒殺してしまうとか、賭博での恨みを果たす復讐劇的要素とか、綺麗な背景のある曲ではありません。そうわかると、あの独特な音型も納得してしまいますね。
そしてそんなことを何も知らずに踊っている「舞踏会」での人々との対比などが、わかりやすい曲調で描かれている作品だと実感しました。
話は横道にそれますが、真央ちゃんの今シーズンのこの曲のアレンジのことですが…。
フランス大会、昨日のロシア大会の2回をテレビで見ました…。ちょっと残念な状態が続いていますよね。。。
正直なところ、昨年使っていた録音(おそらくパーヴォ・ヤルヴィ指揮/フランス放送フィルハーモニー管弦楽団という説もあるのですが、確証がとれておりません。)の方が圧倒的に音が良かったですね。今回は、「軽めの仕上げ」ということでアレンジされたようですけれど、オーケストラの音が薄過ぎじゃないかと思います。「軽い」と「薄い」は全然違うニュアンスです! しかも新村理々愛(りりあ)さん(14歳)のフルートが加わるからと期待していたのですが、見せ場になるようなソロパートなどのアレンジもないし…。彼女の演奏をもっともっと生かした素敵なアレンジを期待していたからとても残念です。新村さんの音楽性は私とても期待しているのです☆ せっかく新たに録音したのに…、アレンジの見直しが必要なんじゃないかな〜と思うのは私だけでしょうか? これじゃあ…真央ちゃん跳べないよ…とも思ったりして…。真央ちゃんだけ頑張っても改善されていかないのではないでしょうか? 今年のフリー曲ラフマニノフの「鐘」(この曲についてはコチラに書いてあります。→「究極のアンサンブルを目指して〜浅田真央ちゃんに期待!」)と同様、音楽も高めて欲しいと思います。フリー曲と同じオーケストラが演奏しているはずなのに…。

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

Sピアノ.jpgさて、ここからは現実に戻りまして…
偉そうなこと書いていても…自分の練習となるとまた別問題(大汗)。
8月からピアノに触っていなかったうさは当然のことながら、ボロボロで再び初見状態と変わらず。ゆえに、譜読みからということで、最初はゆっくりと一つ一つ音を確認しながら一緒に弾いていただきました。(ゆみちゃんセンセの根気強さに助けていただきました!! ありがとぉ〜〜〜〜☆ これぞ「愛」ね[黒ハート]
(写真はゆみちゃんセンセ宅のピアノ。なんと!スタインウェイざんす♪)
休むことなく1時間半。体力を消耗する曲で、息切れしました。こういうのに合わせて滑る真央ちゃんは凄いわ…と(ちょっと違うかっっっ)。
でも、何となく曲の構成が見えてきて、とても有意義な時間を過ごせました。
あとは、私の指がもう少し廻るようにするためのリハビリと、音をしっかり覚えこむように個人練習が必要ということだわ。。。次の11月の練習日までには、なんとか一度くらい自宅のピアノに触れるように時間捻出(音だし時間が限られているので、平日は絶対に無理なのよね…)を頑張りますわん☆

ブログランキングに参加しております。宜しければ評価と共に応援をお願いいたします♪

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

星の音楽

昨晩あたりから、オリオン座流星群が見えるようで、天文好きの人にはウキウキの期間のようですね♪

1020-0141.jpg

オリオン座流星群の速報画像=撮影:佐藤幹哉さん(国立天文台)、観測地:山梨県鳴沢村(10月20日1時41分・画像の一部をトリミング)
来年も見られるということですが、来年はちょうど満月あたりと重なるので、今年のように新月に近い良い状態で見られるのは貴重だということです。今年は私も夜空を眺める時間を増やそうと思っています♪ 国立天文台 天文情報センターでは、見られる位置まで教えてくださっているので、とても便利ですよ☆

position.jpg

(上記画像2点は「国立天文台 天文情報センター」さんが提供してくださっているものです。)
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20091019/
さて、そんなわけで、今回は「星」に関するクラシック音楽を集めてみようと考えました。
[かわいい]まず真っ先に思い浮かぶのが、なんといってもグスターヴ・ホルスト(1874〜1934年、イギリスの作曲家。今年は没後75周年です。)の組曲「惑星」。その名の通り、地球以外の惑星の名前が曲のタイトルとなっています。
「火星、戦争をもたらす者」
「金星、平和をもたらす者」
「水星、翼のある使者」
「木星、快楽をもたらす者」
「土星、老いをもたらす者」
「天王星、魔術師」
「海王星、神秘主義者」
中でも「木星」は平原綾香さんの「Jupiter」が大ヒットしたこともあり、そのメロディーは随分知られることとなりましたし、2006年8月にチェコ・プラハで開かれた国際天文学連合で、太陽系の第九惑星から外され、「矮(わい)惑星」となってしまった冥王星のニュースの時にも、ずいぶん話題になりました。
幸いなことに(?)、この組曲が作られた当時というのは、まだ「冥王星」は発見されていなかったということで、ホルスト自身は作曲していなかったのだそうです。だから、はずす、はずさない等というもめごとには巻き込まれなかったようで、良かったような…(笑)。
とはいえ、「惑星」からはずされる前は、やっぱり全部入っていなきゃ! というのが世の常(?)だったようで、指揮者のケント・ナガノさんが、コリン・マシューズ氏に作曲を依頼し、「冥王星」という曲が作られたそうです。そしてコンサートやCD録音でも、ホルストの曲の最後に組み合わせて演奏する機会も一時期随分増えたようです。
SCIMG3796.jpg私が持っているCDは
サイモン・ラトル
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のもので、
実は冥王星付き。といっても、この盤は2枚組で珍しく他の小惑星の曲も取りそろえているという貴重なもの。Disk1に惑星、Disk2に小惑星を収録されています。冥王星がDisk1に入ってしまっているのは、発表(惑星除外)前後の発売だったように記憶していますので、しょうがないでしょうね(笑)。
ホルスト ( Gustav Holst )組曲『惑星』、他
サイモン・ラトル&ベルリン・フィル(2CD)
レーベル=EMIミュージック・ジャパン
規格番号=TOCE-90034/5
同じ物でもこちらの輸入盤はお安くなっております。
 ↓
HMV ホルスト/組曲「惑星」icon
しかも、ただいまポイント10倍(100円で1ポイント)!
マルチバイ特価:¥1,804(税込)
(↑組み合わせ自由で4枚まとめて買った時の値段)
オンライン会員特価:¥2,212(税込)
☆ちなみに、日本盤ですと、
セブンアンドワイ ホルスト/惑星iconだと、3,800円(税込)で36ポイントつきます(今なら配送料無料キャンペーン中)。
TSUTAYA online
さんだと、3,799円 ポイント5倍中で189ポイント
[かわいい]さて、次は、モーツァルトキラキラ星変奏曲を挙げさせていただきます♪
この曲を初めて聴いた時、実は私とてもあこがれを抱きました。ヴァリエーションの途中がCMで使われることもあったり、耳に心地よい曲です。クラシック音楽初心者の方には馴染みのあるメロディーが次々に変奏されていくので聴きやすくお薦め出来る曲です。(お薦め盤は迷うところがあり、決まったらアップします☆)また、ピアノを習っていらっしゃる方は是非とも弾く方にもトライしてもらいたい曲です♪
[かわいい]オペラからも一つ。
ジャコモ・プッチーニ(1858〜1924、イタリア生まれの作曲家)の『トスカ』というオペラから「星は光りぬ」というテノールのアリアを。プッチーニの曲は荒川静香さんがオリンピックで金メダルを取られた時に「誰も寝てはならぬ」という曲を使用していました。同じ作曲家です。秘かに私はプッチーニのことは結構気に入っているのですが、昔から何故か恥ずかしくてあまり人前では言えないでおりました(謎)。
お薦め盤は、ダイ・ユーキャンを挙げておきます♪ こういうCDを今でも置いてくれているのは、セブンアンドワイさん。
セブンアンドワイ 「オペラ・アリアズ 」 ダイ・ユーキャンicon
EMIミュージック・ジャパン (規格番号:TOCE-55690)
定価2,000円(税込)が、→価格1,901円(税込)18ポイント
「星は光りぬ」を始め、オペラのテノール名曲集という感じのラインナップです♪
(誰も寝てはならぬも収録されています♪)
[かわいい]そして、最後にコレ。
驚きました(笑)。「ズバリ!」のCDを発見!!
これは視聴したことがないので、内容は謎ですが…。
星の音楽 Hoshi
ユニバーサル・ミュージック 型番=POCL 4743 価格(税込):2,000円
現在Amazonの中古盤のみのようです。
メンデルスゾーン/「宵の明星」とか、J・シュトラウス2世/天体の音楽とか収録されています♪
ラフマニノフのプレリュードというのが入っているのだけれど、作品番号が記載されていないので、謎だらけのCDですが。多分op32-12あたりかなぁ〜と想像中。キラキラとした星みたいに聴こえるかもしれませんゆえ。
Amazonでその他2種類。


吉松隆:星夢の舞
 
音楽のプラネタリウム~エトワール 星が奏でる30星座のメロディー~[冬・春編]

さて、今宵の天体ショーはどんな様子でしょう?

ノーベル平和賞受賞のオバマさんのCD

オバマ大統領が「ノーベル平和賞」を取られたそうで、アメリカ国内の反応は様々なようですが。
私は結構オバマさんのことは好きだけれど、本当に「平和賞」に該当する人なのかまではよく知りません(笑)。イメージ的には平和を目指している人のように思うから、この賞にふさわしい展開をたっくさん期待したいところです☆
さて、オバマさんというと、日本人の考えることは…凄いというのか、商魂たくましいというか、よくわかりませんが、9月30日に下記のCDがリリースされました。
Yes We Can! -オバマ・クラシックicon


Avex Classics AVCL25449
通常価格(税込) : ¥1,890
セブンアンドワイさんで商品リンクがありましたので、ジャケット写真もゲットできました☆
オバマさんの演説のBGMにクラシック音楽が流されているというもの。
例えば、名言ともなった “Yes We Can! “のBGMには、『キャンディード』の序曲や、ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界』の第4楽章とか。
” Fired Up? “ のバックに「威風堂々」の第1番とか。
これ、触り部分だけテレビで聴きましたけれど、いや〜、なかなかこれがどうして、結構イケるんですよ。以前からオバマさんの話し方って、素敵だなと思っていたけれど、その理由がこれを聴いてわかりました。
オバマさんの英語って、とってもリズミカルな気がします(英語の出来ない私なので、感覚的なことだけで書いております)。間合いとか、速さとか、とても音楽的な気がするんですよ。だから、不思議と音楽にマッチしてしまう。
私は英語を勉強しているので、ヒアリングの練習にもなるかもしれませんね(笑)。
まぁ、お薦めというよりは、こんなのが出ましたよというご紹介までにしておきます☆

[るんるん] [るんるん] [るんるん]

もう一つついでに、ニュース・ネタとして。
スウェーデンのとある駅で、こんなお茶目な階段が出現したそうな☆ 実際に音も出るようですよ♪

(ソース元=http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/09/news071.html)

こういう遊び心っていいですね〜。私も階段を利用したくなります☆

ブログランキングに参加しています。
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

究極のアンサンブルを目指して〜浅田真央ちゃんに期待!

アンサンブルって、人と合わせて弾く、つまり、相手を思いやって相手の音楽を汲み取って(ある程度自分を押さえて)弾くのが美徳であり、醍醐味なんだと以前は思っていた私。何故「以前」かというと、ある時、マルタ・アルゲリッチ(1941~ アルゼンチン出身のピアニスト)とリーリャ・ジルベルシュテイン(1965~ ロシア出身のピアニスト)の連弾を聴いて思いっきりガツンと頭を殴られた気がしたんです。自分を押さえてというのは、ちょっと取り違えていたのではないかな…と知ったんですよね…。
アルゲリッチは近年、ソロよりもアンサンブルを弾かれることが多いけれど、彼女はアンサンブルの時でも、ソロの時のように自由気ままに音楽に向かっていると思うのです。そして、上記のジルベルシュテインもまた同じ印象。お互い我が道をいくわけだから、当然音楽もバラバラ(パラパラじゃないよ(笑))になるはず…。けれど、二人の音楽は高いところで一致していて、充分に融けあっています。時には反発しあうかのように違った提示をしていくけれど、それが相乗効果を成して更に音楽の高みに繋がっているのが凄いと思うのです。
少なくとも私の聴いたラヴェルの「マ・メール・ロワ」と、ラフマニノフの「ピアノ連弾のための6つの小品」に限ってはそう断言出来る出来だと思います。
今は私の持っているCDは、お店では見当たらないので、後者のラフマニノフの曲が入ったCDをここでご紹介しておきますね。
「2台ピアノのための作品集」icon
アルゲリッチ、モンテーロ、ジルベルシテイン、ブロンフマン、他
レーベル=EMI 型番=TOCE-56106(TO) 2枚組
ルガーノ・フェスティバルでのピアノ・デュオをまとめたものなので、デュオ好きの私にとって、これは欲しい1枚!!
日本盤が2,800円に対し、ヨーロッパ盤は2,405円とお得です。HMV ONLINEさんは、今4枚以上買うとなんと最高で3割引価格になってしまうんですよ!! その場合、こちらは1,684円になります)
さて、何故そんな話を始めたかというと…。
浅田真央ちゃんが今シーズンのフリーで演じるラフマニノフ/「鐘」が、10月3日「Japan Open 2009」で初公開されたことと繋がってくるのです☆(前置きのアンサンブルの話が長過ぎでしたが…)
私はこの日仕事で会社に出ていたため、テレビ東京でやっていた番組を録画しての鑑賞となりました。
多分…
見た人は同じような感想を持たれたのではないかしら…。
「音楽が重すぎるから、ジャンプがうまくいかないのでは…?」
「真央ちゃんに合っていないのでは…?」
確かに、最初は私もそんな気がしました。
けれど、巻き戻して5回くらい見たのですけれど、見えてきたものが最初と変わっていき、私の中の結論としては、上記に関した感想はちょっと「違う」ということに達したのです。
曲はもちろん「重たい」です。だって「鐘」はそういう音楽なんですもの。それを当然わかった上でタラソワコーチはこの曲を選択したはずなんです。ロシア人にとって誇りに思うラフマニノフの数多くある曲の中から、あえてこの曲を選ばれたわけですよ。だから「誰でも滑れる曲ではない」というコーチの言葉はまさに適切だと思うのです。
音楽面から言わせてもらうと、この録音かなり頑張ったと思います(笑)。おそらく、こう弾いてほしい! と言われたことは忠実に守られた感じがします。だって中間部後の1回目、2回目とテーマが表示されるところとその後、鐘とコーラス(?)後の3回、4回目のテーマが表示されるところの音色が、回を重ねるごとに変わっていきますよね。希望の光がうっすらと重さの中に見えるかのような…微妙な音色で表現されている。このあたりは、私的には鳥肌ものでした。オーケストラのメンバーは発表されていないのかしら…。「シアター・オーケストラ・トウキョウ」という、あちらこちらから集められた有志でのオーケストラと聞いたけれど。(指揮は青島広志さん)
ただ、細かな音楽の解釈的なことを言い出すとちょっと苦言になってしまう部分もあるにはあるのですが…。
例えば、一貫して何故あんな奏法にしたの(弦を細かくヴィブラートのように揺らす)とか。もともと打楽器のピアノのための曲だから、あの揺らした意図は何なのか…と思うのです。空気の中にかねが響いて伝わる振動とか…?! それとも今回使用されたストコフスキー編曲ヴァージョンはそう弾くように指示してあるのかな…。ストコフスキー自体ヴィブラートが相当お好きだったようだから…。
それから、中間部の盛り上がりが今ひとつ欠けていたのもちょっと気になりました。もともと出だしのテンポが速めにとられているから、更に中間部では興奮してテンポ・アップして欲しかったな…。ダラダラと中間部に到達した感じで、メリハリがつかないように思うし…。もう少しアップできたら、真央ちゃんも滑りやすくのっていけるような気がします。

ラフマニ鐘.jpg

ラフマニノフ自身のインタビューの中で、この部分は「『アレグロ・コン・フォーコ』とつけたかった」と言及しているくらいなんですよね。この音楽用語の一般的な日本語訳にすると、「情熱を持って速く弾く」とか、「興奮して速く弾く」とかこんな感じなんですけれど。実際には楽譜には書いていないんですよね。でも、その興奮感をもう少し表現して欲しかったというのが、大きな感想です。
♪ラフマニノフのインタビュー参考資料=「ラフマニノフ資料館
まぁ、でも何か意図があってこのような弾き方にあえて落ち着いたのかとも思いますが…。実際にその辺のことは聞いてみたい気がします。
それで、真央ちゃんの話に戻りますが、彼女の滑りは前シーズンよりも一層表現力に磨きがかかったように思いました。ジャンプは失敗しちゃったけれど、芸術的な面では、一つ一つの身体の動きからにじみ出てくる何かを感じました。動きに関しては私はド素人なので、もしかするとピントはずれなことを書いているのかもしれませんが、これは率直な私の考えです。前シーズンの最後あたりの「仮面舞踏会」で、曲とその演技がマッチして、まるで衣装も違ったものに見えてきたし、心から凄いな~って思ったけれど、今シーズンも、どんどん滑り込んでいって、音楽と高い次元で一致した時、鳥肌もの=これは化ける!! になってくると思いました。
間違いなくノリづらい曲です。1回目のジャンプで失敗しちゃったら、立ち直れないような音楽の作りになっていることは間違いありませんし(笑)。けれど、最初に書いた私のアンサンブル論?! ではありませんが、曲に合わせようと思っちゃいけないのだと思います。もちろん、相手の呼吸(この場合「音楽」)を常に感じていなくてはいけないと思うのですが、真央ちゃんの呼吸も同時に音楽に与えていかないと、飲み込まれてしまうと思うのです。真央ちゃんは力をつけているのだから、我が道を丁寧に一つ一つこなしていけばきっと高いところでその融和にぶつかるのではないかと思うのです。重たい曲の中で、軽やかなジャンプ(私は希望の光のように解釈したいのですが)が決まった時、その融合はどんな化学反応を生み出すのだろうと思うと、一人ぞくぞくと興奮してしまいます(笑)。
通常「総合芸術」というと、オペラというものがあるのですが、今後、フィギュアスケートも「総合芸術」になっていくような気がします。今まで、あまりに使用される音楽がおざなり(曲のつなぎとか「ひぃ〜っっ」って思うような曲を使われている選手も結構多かったし)にされてきた部分が、見直されてきているようで、本当に楽しみな分野になってきました。
是非、オリンピックに向けてフィギュアスケートと音楽による「究極のアンサンブル」を目指してもらいたいです☆ そして心から応援したいと思います。
真央ちゃん頑張れ!!
ふぅ。語ってしまった(汗・汗)。
ここまで読んでくださった方にはお礼を申し上げます。
ありがとうございます(笑)。
さて、この曲、もっともっと分析してみたいなと思っています。楽譜も持っているし、ピアノのCDも持っていますし、自分でちょっとだけ弾いてみたこともあるし(これは参考にならないけれど)。今後ブログに書くかどうかは謎ですけれど(笑)。
あ、一つ追記すると、「鐘」は決してマイナー思考の曲ではありません。ロシア人にとって、ロシアの教会から奏でられる「鐘」は、神聖なものだと聞いたことがあるし、小さな頃からその鐘の音を聞いて育っているという環境。ラフマニノフにとっても「ふるさとの響き」なんですよね。そのへんはポイントとして押さえておかなければいけない部分かもしれませんね^^ 
そこに天使のような真央ちゃんのジャンプという風が与えられたら…!!

+++++++++

中野友加里さんのストラヴィンスキー/「火の鳥」の選曲もちょっと興味深かったですね♪ 来年ちょうど、この「火の鳥」の初演から100年目にあたるんですよ。ご本人はこの曲をずっと使いたかったとおっしゃられていたようですが、本当に良いタイミングでの使用だと思います。私は中野さんの演技も結構好きなんですよね。衣装もとても素晴らしいデザインだと思いました!!

+++++++++

EMIさんは、最初にご紹介したクラシックの王道というか、マニアにもじゅうぶんウケるCDの種類も豊富ですが、クラシック初心者に向けても親しみやすいCDがたくさん出ているブランドです☆
10月14日には、こういうのが出るんですよ♪
2009年10月14日発売 TOCE-56260(CD + DVD)  ¥3,000(税込)
値段は新盤なので、みんな定価の3,000円で一緒です。
セブンアンドワイ」さんは、28ポイントつきます。
 ↓
「浅田舞&真央スケーティング・ミュージック2009-2010」
icon


(追記:商品リンクがありましたので、ジャケット写真を掲載いたします☆)
TSUTAYA online」さんではお店でレンタルも出来るから、前もって予約をしておくとスムーズに聴けるかもしれませんね☆
 ↓
「浅田舞&真央スケーティング・ミュージック2009-2010」
icon
*ジャケット写真は今後アポを取ってOKが出たら随時アップしていきます☆

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックで評価がてら応援お願いいたします♪
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

10月11日追記
「 シアターオーケストラトーキョー」は、Kバレエカンパニーの専属オーケストラだとわかりました♪ Kバレエカンパニーって熊哲さんのところですよね。バレエ団の専属っていうのは、日本では初めてらしいですね。今まで知らなかったことでした。メンバーは公表されていないみたいだけれど、知りたいわ〜!!

月を見ながら聴きたい1枚

091003_093646.jpg

今宵は中秋の名月。
見えるかな…。
夜が少しずつ
長くなってきたね。
静かに月を
眺めていたい夜は、
何故かいつも
アチュカロさんの
「la nuit」を
そっと…
引っ張り出している。
大好きな
スクリャービンの
左手のための
プレリュードと
ノクターンから始まる
このCD。
私が今まで生きてきた中で一番心に響くCD。
アチュカロさんの紡ぎだす温かな音に包まれながら、
至福のひと時…。
(これは私の宝物。ちゃんとご本人からのサインも入れてもらっています☆)

091003_093339.jpg

続きを読んでくださる方はこちらから
 ↓

“月を見ながら聴きたい1枚” の続きを読む

ラローチャおばあちゃんを悼む

2003年に80歳だったアリシア・デ・ラローチャさんが惜しまれながらピアニストを引退されました。そして先日(2009年9月25日)、スペイン・バルセロナで天に召されたというニュースを聞きました。享年86歳。

091001_005541.jpg

このニュースを聞いた時、なんだかどんよりと悲しい気持ちになりました。私は一度もラローチャおばあちゃんの生の演奏会には足を運んだことがないのに、なぜだかとても親しみを覚えていたこともあって…。

“ラローチャおばあちゃんを悼む” の続きを読む