清らかな音2〜まもなく開幕!

2016年の東京五輪招致アピールのため、10月2日にデンマークのコペンハーゲンで開かれる「国際オリンピック委員会(IOC)総会」に鳩山由紀夫首相が出席すると発表されたことが大きな話題になっていますね♪ 
オリンピックといえば、来年2010年にカナダ・バンクーバーで開催される冬季オリンピックとパラリンピックがとても楽しみですが、実はもう一つのオリンピックがクラシック音楽界にもあるんです。
それは「国際障害者ピアノ・フェスティバル 2009」(前・ピアノ パラリンピック)。
オリンピックのプレ・イヤーとなる今年、このピアノ・フェスティバルが、まもなくカナダのバンクーバーにて幕をあげます!!
バンクーバー国際障害者ピアノフェスティバル 
(Vancouver International Piano Festival by People with Disabilities 2009)
〈日程〉2009年
[かわいい]9月30日———開会式(at Christ Church Cathedral)
[かわいい]10月1・2日—大会(at Tom Lee Music Hall &Christ Church Cathedral)
[かわいい]10月3日———出場者による演奏会(at UBC Chan Centre)
[かわいい]10月4日———閉会式(at UBC Chan Centre)
世界16か国から参加する79人。日本からは53人が出演する予定。
そうなんです! 大半が日本人。実はこのフェスティバル、日本から発信されたものなんです。第1回は4年前の2005年、「ピアノ・パラリンピック in JAPAN」と銘打たれて開催されました。そして今回は第2回目を迎えるんです。「パラリンピック」という名称は一度許可がおりたものの、スポーツとの区別をして欲しいとの要請があり、現在は上記のような名称になってしまったのだとか。「ピアノ・パラリンピック」の方がわかりやすいのに…と思うのは私だけではないと思いますが…。スポーツ界のお偉いさんたちは…(以下自粛)。その辺の経緯については、おおよそのことが下記の本の中にも綴られています♪
book.jpg
ピアノが私に翼をくれた 障害をもった「天使」たち
icon
近藤裕 著
アチーブメント出版 刊
2,625円(税込)
さてさて、演奏の内容はというと、出演される人たちの何名かの演奏を3月と7月に実際にホールで聴いてきました。3月のことは本館の「うさうさの月記帳」「清らかな音」に書いてあります。彼らの演奏を聴くととても勇気づけられます。そして彼らの音がどれだけ清らかに感じることか。2回のコンサートでひしひしと感じました。心から応援したい気持ちでいっぱいです!
精神的な病を抱えている出演者は、本番パニックにならないようにお祈りしたいし、身体の病を抱えている人は、ちょっとした体調の変化で硬直したり、痙攣したりするようなので、万全に整うように…と願います。
どうか、みんな普段通り弾けますように!!
出演者のうち何名かは地方新聞等のインタビューや取材記事が掲載されているようですので、参考URLとして載せておきますね。(他にもあるのですが、私が7月に演奏を聴いた人を抜粋して、下に自分の印象を少し入れておきました。)
[かわいい]山崎理恵さん
http://www.jiji.com/jc/c?g=jfn&k=2009091600605
足が動かなくなってしまったのでペダルの代わりになる器具を口で操作しながらの演奏。もともとピアニストだった山崎さんは、フレージングもとても丁寧です。ペダルのことは目をつぶっていると全くわかりませんでした。
[かわいい]野田あすかさん
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20090912ddlk45040660000c.html
広汎性発達障害、右足の不自由なこと、左耳感音難聴というたくさんの障害を抱えているのに、その音楽性はマルタ・アルゲリッチ(ピアニスト)のようにも思えました。彼女の表現力の深さにはどんどん引き込まれ、目を見張る演奏でした。
[かわいい]鈴木凛太朗さん
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090919ddlk28070519000c.html
ダウン症で右手首欠損、内臓疾患で、右手に指はついていません。今回演奏するベートーヴェンの「悲愴」(ピアノソナタop13)の第2楽章も、先生にアレンジしてもらい、2年もかけて最後まで弾けるようになったのだそうです。
余談ですが、カナダは最近交通の便がワンランクアップしたようです♪ 8月にスカイトレインの新路線である「カナダライン」が開通したとか!! 旅行がてらカナダに応援に行く…なんてやってみたかった私です。。。(今回はお金も時間もないので、ムリポ)
http://whatsnew.hellobc.jp/2009/09/bcnews-0909-02.php
そして、障害者と言えば、まだ記憶に新しいヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した盲目のピアニスト辻井伸行さん(この時の記事は6月8日に書いています)の新しいCDが9月16日に発売されました! 今はフォトアルバムのCMにも登場されていらっしゃいますね。恩師の川上昌裕先生(実は川上先生とは、田舎の先生が一緒。つまり同門なのです!!)のお写真もとても素敵なCMです♪
辻井くんの音色は心にとても沁みます。優しいです。暖かいです。いくら形容しても届かない何かがあります。
コンサートはほとんど即完売状態なので、せめてCDで浸ってみるのはいかがでしょうか?
今回リリースされたのは、2005年のショパン・コンクールのCD。この時は「批評家賞」を受賞していました。(下記ご紹介リンクです。オレンジのタイトル文字からそれぞれのお店のこのCDに飛べます♪)
ビクターエンタテインメント VICC-60722/3
2枚組 2,800円(税込)

[るんるん]TSUTAYA onlineさん(辻井伸行:ショパン・コンクール2005
icon)だと、レンタルもありますので(10月3日より)、気に入ったら購入というテもありますね^^ 
[るんるん]HMVさん(舟歌、スケルツォ第2番~ショパン作品集 辻井伸行
iconセブンアンドワイさん(ショパン・コンクール 2005~ショパン作品集
icon
みんなお店によって、微妙にCD紹介ページのタイトルが違っているものなんですね(笑)。でも値段は税込2800円で同額です。(さすがに割引しているところはないみたいっっ)購入する時は、ポイントや送料関係が決めてのようです♪ 
私もこのCDすでに予約済み。到着が待ち遠しいです♪

ブログランキングに参加しております。よろしければ、評価ボタンより応援クリックをお願いいたします♪
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
10月追記
「バンクーバー経済新聞」に開会式の様子が掲載されました。
 ↓
http://vancouver.keizai.biz/headline/698/

「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2

「ワルツの王様」
(アカデミー賞受賞作品)
Jシュトラウス.jpg現存した作曲家のヨハン・シュトラウス2世
(以下J.シュトラウス)家が
舞台になるこの「ワルツの王様」。
(ヨハン・シュトラウス2世
=1825~1899、
オーストリアの作曲家・指揮者・
ヴァイオリニスト。
生涯ワルツやポルカ、オペレッタ等、
舞曲中心の作曲に打ち込み、
「ワルツ王」と呼ばれている人です。
ニューイヤー・コンサートなどでは、
必ずといって良い程、
ヨハン・シュトラウス2世の曲が
プログラムに並びます♪)

“「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2” の続きを読む

「トムとジェリー」とクラシック音楽

ピアニストのラン・ランと「トムとジェリー」は切っても切り離せないからついついラン・ラン大好きな私は「トムとジェリー」のことをもっともっと知りたくなってしまいます。しかも、ラン・ラン・ネタの時の皆様の食いつきどころは、やっぱり「トムとジェリー」(笑)。
ということで、「『トムとジェリー』とクラシック音楽」なんて大それたタイトルをつけ、調べ始めてしまいました。
これ、調べ始めてわかったことですが、かなり「クラシック音楽」との関係が深いと判明。とても一度のブログ記事では補いきれないくらいです。
それで、とりあえず、まずは代表作からご紹介していきますね。

“「トムとジェリー」とクラシック音楽” の続きを読む

タコに興じる

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
「タコ」といっても軟体動物の「タコ」のことではありません。
木○拓哉が「キ○タク」などと言われるのと同じように、クラシック音楽仲間と話しをするとき、ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906—1975・ロシアの作曲家)のことを略して「ショスタコ」とか「タコ」と呼ぶのです。正直なところ、ショスタコの曲に対して私は難解なイメージしか持っていなかったので、ずっと敬遠していました。でも、先日、ずっと未聴だったCDを何気なく手に取り聴いてみて、「あれ?」と思いました。
チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ ハンナ・チャン(vc)パッパーノ&LSO
icon
CDデータ
Dmitri Shostakovich (1906 – 1975) Concerto for Cello no 1 in E flat major, Op. 107
• 演奏者 : Chang, Han-Na (Cello), Jones, Tim (French Horn)
• 指揮者 : Pappano, Antonio
• 楽団 : London Symphony Orchestra
EMI Europe カタログNo:3324222
一般価格2,405円のところ、
HMV
オンライン会員特価だと、

税込2,212円です☆
ちなみに、国内盤は、
EMI ミュージック ジャパン
型番=TOCE55799 2,800円
 それは、ハンナ・チャン(チェリスト)が奏でるショスタコのチェロ協奏曲第1番と、チェロ・ソナタd-moll がカップリングされたもので、彼女の演奏スタイルに助けられたのか、素直に素敵な曲だと感じたのです♪今までの「タコ」のイメージは拭い去られ、もう少し聴いてみたいとさえ思うようになりましたぴょん☆
2007年4月に偉大なチェリスト・ロストロポーヴィチが天に召されたけれど、ロストロさんとショスタコが親しく交流を持っていたことは有名。そしてこの協奏曲第1番もロストロさんに捧げられた曲。11歳の時にロストロポーヴィチ国際コンクールで1位をとり、一躍脚光を浴びたハンナ・チャンが弾いているっていうのも運命的なものを感じたりします☆
しょっぱなの「たこ」ちゃんは、「リンクシェア」さんのお祭りで、「アフィリエイトサイトコンテスト」のキャンペーンバナーです。今回は「音楽・映画系サイト」と「旅行・レジャー系サイト」を募集中! とりあえず、エントリーするだけでも100円の報酬をいただけるということです(笑)。エントリー期間は8/26(水)~10/16(金)。キャンペーン期間中に、新規に登録すれば、参加権を得ることが出来るんです。まだ1ヶ月ありますから、我こそはと思われる方はこの機会にリンクシェアさんに登録して、ぜひともエントリーしてくださいませ☆ 
詳細はこちら
 ↓
http://www.linkshare.ne.jp/campaign/contest2009/?utm_source=contest09&utm_medium=contest09_top5&utm_campaign=contest09

☆ブログランキングに参加しています☆
よろしければ、感想評価をお願いいたします♪
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

表現するということ☆

バレリーナのお友達に教えていただき、カミーユ・サン=サーンス(1835〜1921、フランスの作曲家)の「白鳥」バレエ2種類をYou Tubeで見ました。「白鳥」は私の大・大・大好きな曲の中の一つでもあるのです。

swan2.jpg

この曲は《動物の謝肉祭》という全14曲からなる組曲の13番目の曲にあたり、初演(1886年)はなんとお友達のルブークという人の家での夜会で、サン=サーンスとディエメという人がピアノを弾き(2台か連弾かは?)、ルブークがチェロを弾いたらしいのです。当然非公開というわけですが、なんて贅沢なパーティーなんでしょう!!(一般的な初演はサン=サーンスが亡くなってからとのこと)

swan1.jpg

音楽の世界では、優雅に白鳥が湖面を泳いでいる様子を描写したというのが一般的なのですが、バレエ界では、「The Dying Swan(瀕死の白鳥)」というタイトルがつけられ、その名の通り天に召される直前の白鳥が表現されます。
振付けはロシアのミハイル・フォーキン(1880〜1942、ロシア出身のバレエダンサー、振付師)という人が1905年にアンナ・パヴロワ(1881〜1931、ロシアのバレリーナ)のために振付けし、浸透していったのだそうです。

(写真は私の母が07年2月に撮ったものです)

今まで音楽の世界でしかこの曲を知らなかった私は、バレエ界での解釈を知り、イメージってすごく広がるものなのだと改めて知りました。そして、作曲家の偉大さをも同時にガツンと知らされたというところが本当のところ。だって、全く違った解釈からこの曲の新たな魅力が見えてきたんだもの。「芸術」って奥が深い…。
そして…
↓ 更に読んでくださる方はこちらから

“表現するということ☆” の続きを読む