深遠な響きに酔いしれて〜小山実稚恵さんのピアノ・リサイタル

先週の土曜日、小山実稚恵さんのコンサート
「『小山実稚恵の世界』
〜ピアノで綴るロマンの旅」
足を運びました(東急文化村オーチャードホール)☆
このコンサートはシリーズもので、2006年から12年かけて毎年春と秋に24回のリサイタルを開催するという、とてもとても大きなプロジェクト。毎回、テーマとして「色」が掲げられ、第7回を迎えた今回は「若草色」。ご本人もお好きなグリーン系です。そしてこの若草色のイメージとして〜若き恋〜というタイトルも添えられていました。假屋崎省吾さんを始め、フラワー・アーティストによる大きなお花が毎回ステージに飾られたり、小山さんご自身もテーマカラーのドレスを身につけて登場されることも見どころの一つとなっている名物シリーズです。私は女性としても憧れている小山さんと共に、この12年間で足を運べる限り、通いたい! と心に決めているコンサートの一つでもあり、今のところ7回中、5回足を運んでいます♪(どうしても仕事の都合で行けない日とかあるので…)
m_E5B08FE5B1B1E5AE9FE7A89AE681B5EFBCA0E88BA5E88D89.jpg
〈プログラム〉
ショパン/
 ノクターン 第1番 変ロ短調
       第2番 変ホ長調
シューマン/
 謝肉祭「4つの音符による
     面白い情景」作品9
ブラームス/
 ソナタ 第3番 ヘ短調 作品5
〈アンコール曲〉
ショパン/
 ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 第2楽章
 ノクターン第20番
 ※「戦場のピアニスト」でBGMとしても使われた曲です。
シューマンの作曲した「謝肉祭」は、まだシューマンが奥さんとなるクララに出会う前に作られた曲ではありますが、シューマンと結婚後、そのクララを慕っていたブラームスの若き日の作品を同じプログラムに載せていらっしゃるのもニヤリとしてしまいます♪
内容についてもっと読んでやってもいいぞという方はこちらからどうぞ♪
 ↓

“深遠な響きに酔いしれて〜小山実稚恵さんのピアノ・リサイタル” の続きを読む

ニュース2題〜日本人指揮者の活躍ぶり

[るんるん]指揮者の大植英次さんが、ドイツのニーダーザクセン州功労勲章・一等功労十字章を受章したそうです。
「受章理由は、ニーダーザクセン州におき、音楽を通して教育や文化に貢献し、様々な活動を通し州民に心のゆとりを与えることに貢献したことです。このコンサート、及び授与式は、現地でも熱い注目を集めています。」
梶本音楽事務所
大植さんは、現在、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー首席指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督、バルセロナ交響楽団音楽監督を務めています。
[るんるん]6月15日、大野和士さんとリヨン歌劇場によるオペラ「賭博師」、「ルル」などが、フランス批評家協会による「クロード・ロスタン賞」を受賞されたそうです!
梶本音楽事務所
おめでとうございます!
2人の日本人指揮者の活躍、今後も楽しみですね♪
確か大野和士さんは、ピアニストの小山実稚恵さんと芸大時代同級生だったんじゃないかな〜♪
[るんるん]大野和士さんのCDからは、大好きなピアニストのエル=バシャさんとの共演を挙げておきます[るんるん]
 ↓
プロコフィエフ/ピアノ協奏曲全集 エル・バシャ(p)大野和士&モネ響(2CD)
icon
〈ブログランキングに参加中です☆〉
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

よろしければ、感想として評価をクリックしていただけると嬉しいです♪
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」

村上春樹さんの「1Q84」が発売日から12日で100万部を突破したというニュースに驚きました!! ハリポタ(予約販売があったので売れて当然状態)を除けばダントツで記録を塗り替えたらしいです(昨日のフジテレビ「特ダネ」でやっていました)。もう皆様手にとられましたか? 私完全に出遅れています(汗)。
(本屋さんに聞いたところ6月23日には第2刷が出来るので、現在予約受付中とのこと。)
1Q84 BOOK1
icon
1Q84 BOOK2
icon
普段、あまりベストセラーには見向きもしない私なのですが、今回ちょっと注目するには訳があるんです。
それは、この小説にヤナーチェク作曲の「シンフォニエッタ」というのが登場するらしいのです。ヤナーチェクというと、私みたいなピアノ系のクラシック音楽とつきあっている人間にとっては、あまり縁のない作曲家の一人なんですよね。恥ずかしながら、私、ほとんどヤナーチェクの曲は知りません(汗)。オペラの作曲家というイメージが強いからかな…。ピアノ曲では「ソナタ『1905年10月1日街頭にて』」というデモ隊と衝突した一人の労働者をテーマにした曲を作っていたり、調べてみると意外と面白そうな作曲家みたい。とはいえ、私の周りでもそんなに「ヤナーチェクが好き」と言っている人はごくごく少数派なんですけれどね。
そんな作曲家なのに、なんとまぁ、普段クラシック音楽を聴かない人も含め、本を読んだ人がCDを求めて、すごい勢いで売れているというから、二重の驚きなのでございまして!!!
買おうとする方たちの意見として「この曲を聴くと、もしかすると 青豆(あおまめ)さん(登場人物の一人らしいです)のことがもっとわかるかもしれないと思って」という理由が多いのだとか。
う~ん。すごい!!
今簡単に手に入るような「シンフォニエッタ」は廉価盤がほとんどのようです。
例えば↓
フルニエ、クーベリック指揮&ウィーン・フィル
収録曲
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
ヤナーチェク/シンフォニエッタ
チャイコフスキー/ロメオとジュリエット
で1,197円。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3605084
(HMVさん)
ヤナーチェク以外の曲も初心者にはとっつきやすいかもしれないし、ウィーン・フィルというのもいいですね♪
それで、ちょっとヤナーチェクのことを調べてみました。村上春樹さんが、何故ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」を取り上げたのか、 青豆さんについて、何を表現したかったのか…。私は本を読んでいないので、純粋にヤナーチェクについてのみ書いてみますので、何かヒントになることがあるかもしれませんし、全然ピントがズレズレになるかもしれませんが、興味のある方は続きからどうぞ♪
ちなみに、自宅に唯一あった資料は「音楽現代2004年2月号」の「没後100年ドヴォルザーク、生誕150年ヤナーチェクと、東欧の音楽」という特集記事のみ。CDはシンフォニエッタは残念ながら手元になく、ヤナーチェクの「弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」、第2番「ないしょの手紙」ベルク/抒情組曲が収録されているジュリアード弦楽四重奏団(Sony Records 97年盤)のみ。しかも封を切っていない未聴盤でございました(大汗)。
もっと読んでやってもいいぞという人はこちらへ(笑)

“ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」” の続きを読む

快挙! 辻井くん、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝おめでとう!

世界でも屈指のピアノ・コンクールの一つ、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、中国人ピアニストの張昊辰(Haochen Zhang・19歳)さんと共に、全盲の日本人ピアニストの辻井伸行さん(20歳)が優勝したという朗報が入りました!! 嬉しいニュースですね!!!
快挙です!!
このヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは、チャイコフスキー国際コンクール第1回優勝者である、ピアニストのヴァン・クライバーンを祝して1962年から4年に一度開催されているアメリカでのコンクールです。かつて、ラドゥ・ルプー、アレクセイ・スルタノフなどの優勝者が出ているコンクールで、優勝者には、賞金2万ドル+アメリカ内外を含むツアーコンサート契約、米ハーモニア・ムンディからのCDレコーディングが約束される等が与えられるというビッグなコンクール。辻井さんは、日本人で初の優勝者ということになります!
辻井伸行さん、
ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール
優勝おめでとうございます!!!
続きはこちらから
 ↓

“快挙! 辻井くん、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝おめでとう!” の続きを読む