クラシック音楽関連の名前がついている素敵なバラたち☆ラプソディ・イン・ブルー

Pocket

先日、京成バラ園に行ってきました。以前から興味のあったクラシック音楽に関わる名前のバラを探しながら、バラの美しさや香りに魅了されてきました。
見つけられなくて残念だったバラも結構あったのですが、写真に収められたものを順次公開していきます♪ 第1回は「ラプソディ・イン・ブルー」

ラプソディインブルー_3357s.jpg

「ラプソディ・イン・ブルー」は、「のだめカンタービレ」のエンディングにも使われていた曲なので、ご存知の方も多いかもしれませんね^^

072g.jpg

●ラプソディ・イン・ブルーはこんな薔薇

ラプソディインブルーは、四季咲き中輪(花径6~7cm)。濃い赤紫色で咲き始めて、独特な紫色(グレイッシュ・パープル)に変化が楽しめるバラ。王立英国バラ会で、芳香賞(エドランド・メダル)や金賞を受賞した他、多くの賞を受賞している薔薇なのだそうです。

ラプソディインブルー_3359s.jpg

つぼみを見るとまさに「薔薇」! という感じですが、開いていくと、オーソドックスな重厚なイメージの薔薇の花形とはイメージが少し違い、ひらひらとした花びらが軽やかなお花です。

 

 

 

072g.jpg

●ラプソディ・イン・ブルーはこんな曲

アメリカの作曲家
ジョージ・ガーシュウィンが作曲。
(1898年9月26日 ― 1937年7月11日)
ガーシュウィンは、
ジャズとクラシックの融合を試みた作曲家です。
ラプソディというのは、日本語で言うと「狂詩曲」という意味。
有名なところでは、ブラームスの「ハンガリー狂詩曲」あたりは一度は耳にされたことがある曲かもしれません。「狂詩曲」という名前を持つクラシック音楽は、民族的な色彩をもった自由な音楽のことです。「ラプソディ・イン・ブルー」もまさにそんなアメリカらしい自由さが伝わってくる曲だと思います♪

ラプソディインブルー_3360s.jpg

そして、「イン・ブルー」部分は、いくつか説があるのですが、ジャズに用いられる旋律、「ブルーノート」のブルーという説が有力みたいですね。
ブルーノート・スケールというのがあって、ジャズのドレミファのことなのですが、これがまたちょっと面白いので、簡単な動画にしてみました。
ブルーノートというのは、アメリカ黒人音楽の旋律にあらわれる音階的な特徴で、三度・五度・七度の音に半音下げたものを加えた音階
のこと。だから、普通に「ドレミファソラシド」を弾いた時と比べてこんな感じで違ってくるのです。


(動画は32秒です。)
ということで、後半はおそらくみなさん聞いたことのあると思われるあの唱歌の旋律をブルーノートスケールで弾いてみました。わかったかなぁ〜(笑)?
要は、こんな感じの音階が「ラプソディ・イン・ブルー」の曲の中に現れてくるということなのです^^

ラプソディインブルー_3702s.jpg

ラプソディ・イン・ブルーは、ちょっとコケティッシュで、落ち込んでいる時もそばで見守っていてくれるような元気をもらえる曲じゃないかなと思います。たくさん音源も出ているのですが、名盤と言われている中の一つとして、下記のバーンスタインの弾き振り盤をあげておくことにしましょう♪

icon
icon

ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人 バーンスタイン
icon

ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー
指揮・ピアノ:レナード・バーンスタイン
コロンビア交響楽団
録音:1958年(ステレオ)
ガーシュウィン/パリのアメリカ人
指揮:レナード・バーンスタイン
ニューヨーク・フィルハーモニック
Bernstein Leonard – Rhapsody In Blue / Bernstein Leonard – An American In Paris

*・―・*・―・*・・iTunes・・*・―・*・―・*
 

 

*・―・*・―・*・・スポンサードリンク・・*・―・*・―・*
 


うさ

投稿者: うさ

某K音楽大学(教育音楽学部)卒。現在は、細々とですがクラシック音楽に関わった仕事をしています。

「クラシック音楽関連の名前がついている素敵なバラたち☆ラプソディ・イン・ブルー」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。好きな曲です。こういう演奏がなされているのですね。とても分かりやすいです。ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」は、トーキーが生まれて3年後、三原色カラー映画(テクニカラー)が生まれる前の1930年、「キング・オブ・ジャズ」という二原色カラー映画(マゼンタとシアン)の中で、彼自身の演奏で聞くことができるようですが、私はドキュメンタリー映画で一部を見た程度です。ディズニーの「ファンタジア2000」にこの曲が入っていることはご存知ですよね。
    「巴里のアメリカ人」「ポーギーとべス」も大好きです。

  2. >sigさん
    こちらまで、ありがとうございます! なかなかうかがえずすみません>< そしてまた、すご〜〜〜くタメになるお話に感動中です! ありがとうございます。3原色カラー、2原色カラーと、なるほど面白いなぁと思います。音楽もまた映像の世界と同じようにそういういろいろな過程があるのかもしれないなぁと今更ながら感じました。そして、ガーシュウィンの音楽は、やっぱりモノクロのちょっとザラザラした映像と相性が良さそうな気がしますし、ステレオではなくモノラルな音で聴いた方が味がありそうですね。sigさんとお話していると本当に様々なイメージが膨らんでいきます^^ ファンタジアは確か…うちにビデオがあったはずなので、何度か見た記憶もあるのですが、そう言われてみるとこの曲も使われていましたね(程度ですっっっ。今、思い出しました(笑)。) パリのアメリカ人、あのユーモラスなメロディーとか私も大好きです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA