「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2

Pocket

「ワルツの王様」
(アカデミー賞受賞作品)
Jシュトラウス.jpg現存した作曲家のヨハン・シュトラウス2世
(以下J.シュトラウス)家が
舞台になるこの「ワルツの王様」。
(ヨハン・シュトラウス2世
=1825~1899、
オーストリアの作曲家・指揮者・
ヴァイオリニスト。
生涯ワルツやポルカ、オペレッタ等、
舞曲中心の作曲に打ち込み、
「ワルツ王」と呼ばれている人です。
ニューイヤー・コンサートなどでは、
必ずといって良い程、
ヨハン・シュトラウス2世の曲が
プログラムに並びます♪)


ねずみのジェリーはこのJ.シュトラウスの弾くワルツが大好きでピアノが聞こえてくると、いつも踊り出してしまいます。それを狙うトム。けれどいつも失敗というのは、お決まりのパターン。ある日、J.シュトラウスが演奏旅行で家を空けることになりました。そして「How To Play The Walts In Six Easy Lessons by Johan Strauss」(あなたも6つの簡単なレッスンでワルツが弾ける J.シュトラウス著)と書いてある教則本をトムが発見。「ネコにだって、練習すればピアノを弾けるかもしれない!」とトムは考え、さっそく毎日ピアノの特訓に励みます。
レッスン1=単音「シ♭」(この画像の音としては「シ♭」が一番近いような気がします。画像が鮮明ではないのですが、多分楽譜はファになっています。以下同様で楽譜と音、実際に弾いている鍵盤はそれぞれ実際に鳴っている音とは微妙にズレております)
レッスン2=「シ♭・シ♭」単音が2つ並ぶ。
レッスン3=「ミ♭・シ♭・シ♭」
レッスン4=「ミ♭・ミ♭・シ♭・シ♭」
レッスン5=「ミ♭・ミ♭・ソ・シ♭・シ♭」(少しだけリズムの変化が登場)
レッスン6=「ミ♭・ミ♭・ソ・シ♭・シ♭  シ♭・シ♭・ソ・ソ」(J.シュトラウスの「美しく青きドナウの冒頭部)
ここまで出来たトムは、この後素晴らしいちょっとアレンジされた「美しく青きドナウ」の冒頭をほんの少し演奏し始め、満足げな笑みを浮かべます。この時のトムの嬉しそうな顔が個人的に好きだったりして(笑)!
トムがピアノを弾いてジェリーが踊り出す。これを偶然見てしまったこの家のメイドさん。他の観客もどんどん増えて、演奏が終わると拍手喝采♪ 噂が噂を呼んで、最後は王様に呼ばれ宮廷で演奏…。という、微笑ましいストーリー。
下記の2曲に関しては使用されていることが確か(ネット上でも調べればすぐにヒットしますし)なのですが、冒頭あたりのワルツの曲が私には区別がつかず、何の曲なのか今ひとつ把握出来ませんでした。聞き覚えはあるのですが(汗)。(「皇帝円舞曲」「芸術家の生涯」「ウィーンの森の物語」このあたり…?! 今度楽譜でしっかり確認したいと思っています。もうしばらくお待ちください。)
確実に使用されている曲について
[るんるん]美しく青きドナウ 
トムが最初にヨハン・シュトラウス著の楽譜で練習する曲として使用されている「美しく青きドナウ」は、なんと戦争(普墺戦争)に負けたことを慰めるために作曲された曲なのだそうです。もともとは合唱曲でそのテの歌詞がつけられていたそうなのですが、後に管弦楽用に書き直され、今私たちがよく耳にする曲となったそうです。そんな経緯があったんですね。
[るんるん]トリッチ・トラッチ・ポルカ
王様から城に招待された時に演奏された曲の「トリッチ・トラッチ・ポルカ」は、1858に作曲され、パヴロフスク遠征大成功の余勢を駆って書かれた作品なのだそうです。
こうしてみると、ニューイヤー・コンサートとかでよく耳にするこれらのJ.シュトラウスの曲は、世情と密接な関係を持っていたんだなと改めて知りました。
「トムとジェリー」の大半の音楽を担当したスコット・ブラッドリー氏は、曲の他に効果音としても、即興演奏のように様々な楽器の音を駆使していました。
音階を上昇させて追いかけっこを表現したり、ぶつかる時に不協和音を使用したり。「ワルツの王様」でもこれらの工夫が随所に見られます♪
Wikipediaの解説に
「画面を見なくても音楽を聞いただけで何が起きているかがあらかた想像できてしまうほどである。」とあるのも大きく頷くことが出来ますね☆
もともとはバッハに傾倒していたらしいのですが、ヒンデミットやストラヴィンスキー、シェーンベルクなどの前衛音楽と言われていた人たちの曲にも興味を持っていたのだそうです。
大変! 肝心なものの紹介を忘れておりました!
前回に引き続きのご紹介です。
アカデミー賞のノミネート作品と受賞作品ばかりで構成されたお薦めDVDがこちらです☆
 ↓
icon
icon
HMVにて購入[次項有]トムとジェリー アカデミー・コレクション
icon1,500円


セブンネットショッピングで購入[次項有]トムとジェリー DVDアカデミー・コレクション
どうしても購入じゃなくてレンタル! っていう人は…
こちらで「トムとジェリー アカデミー・コレクション」で検索してみてくださいね^^
 ↓ 

《番外編》
これらの曲を弾いてみたい、他の演奏も聴いてみたいと思われた方のために勝手に私がチョイスしたリンクなんぞを貼っておきます。
〈CD〉
王道はやはりウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(指揮=ウィリー・ボスコフスキー)かなぁ。
 ↓ これあたり、いかがでしょうか?
ヨハン・シュトラウス2世:ボスコフスキー/ウィーン・フィル
icon
2曲目の「An der schonen, blauen Donau, Op. 314」(美しき青きドナウ)
12曲目の「Tritsch-Tratsch-Polka, Op. 214」(トリッチ・トラッチ・ポルカ)
対抗馬として、超一流の指揮者カラヤンとベルリン・フィルによる演奏
 ↓
ウィンナ・ワルツ集&ロッシーニ集:カラヤン/ベルリン・フィル
icon
そして、小澤征爾さんとウィーン・フィルの「ニューイヤー・コンサート」のCDをご紹介したかったのですが、トリッチ・トラッチ・ポルカが入っていなかったので、対抗馬としてあげられず残念。けれど、とても楽しい内容のCDだと思いますので、ご紹介リンクは貼っておきます♪
 ↓
ニュー・イヤー・コンサート 2002
icon
さて、ちょっと毛色が違いますが、もっとマニアックな演奏をご希望でしたら、ジョルジュ・シフラが編曲した技巧的なピアノ曲のCDというのもあります♪ こちらは「トリッチ・トラッチ・ポルカ」が収録されています。(ちなみに楽譜はPeters版から出ているようです♪)
ピアノはコンスタンティン・シチェルバコフ
超絶の円舞曲(J.シュトラウス2の作品によるトランスクリプション)
icon
〈楽譜〉
ピアノ楽譜=全音ピアノピース(全音楽譜出版社 (ISBN:4-11-911069-9)税込み525円。全音ピアノピースは1曲だけで製本されている楽譜です♪
美しき青きドナウ 全音ピアノピース
icon
さて、曲を楽しめるCDや楽譜のご紹介の後は追記☆
〈iTunesで「トムとジェリー」を探す〉

*・―・*・―・*・・スポンサードリンク・・*・―・*・―・*


「「トムとジェリー」とクラシック音楽 Part 2」への14件のフィードバック

  1. こんばんは。
    またまたトムジェリ、見ちゃいましたよ。
    すてきですね。楽しいですね。
    特にラストの演奏、最高ですね。
    ブログもちから入ってますね。とてもためになります。

  2. あの教本でピアノが弾けるようになっちゃう
    (しかも足指でも弾ける)
    トムは天才ですねw
    朝からトムジュリでなごみました。

  3. >sigさん
    おはようございます♪
    トムジェリは、見始めちゃうと見ちゃいますよね。私もこれらの記事のためにほんのちょっと見ようと思って何回か見たのですが、結局最後まで見ちゃいましたよ(笑)。
    このお話はなんだかとてもほほえましくって、特に好きです☆ だからこそ、もっと時間をかけてゆっくりと他の部分も調べてみたいなという気持ちになりました。また忘れた頃に登場するかもしれません^^

  4. >ぴんくまさん
    効果音に関しては多分それだけで1回の記事になってしまうほど、スコット・ブラッドリーは凝った使い方をしているようです。Wikiもうまい表現を使っていますよね。>画面を見なくても…
    スコット・ブラッドリーのこの件に関するインタビュー記事がないか、英語圏まで手をのばして探したんですけれど、見つからなかったのが残念です(涙)。

  5. >chicoryさん
    そうそう。ツッコミどころ満載の「6つの簡単なレッスン」。そこがまた夢があって(?)楽しいかもしれません(笑)。
    昔「柔道一直線」というテレビドラマで桜木健一(だったと思うのですが)が、足でピアノを弾くシーンがありましたが、それ以上にすごい体制で弾いているトムって…!? 実はトム、以前chicoryさんがお好きだと書かれていた「星空のオーケストラ」の中で、いろいろな楽器を弾くシーンがあるのです。ほとんどの楽器を弾けちゃうみたいですよ〜^^「天才」以上の言葉があれば、その称号をトムに捧げたいくらいですね。

  6. おはようございます。私は子供の時、その純真さから、「ピアノってこんなに簡単に弾けるようになるんだ」と真剣にこれを信じたことがあります。やれやれ……。でも、このレッスン・シーン、笑えますよね!冒頭の作品は、ご推察のとおり、皇帝円舞曲Op.437です。

  7. トムとジェリー、楽しいし見事ですよね^^
    ワルツの王様は、初めてみました。
    色々と楽しく、勉強になります。ありがたいです。
    トムとジェリーといえば、
    こうもり序曲の星空の音楽会は好きで、you tubeで何度も見てます。
    お正月に、「ウィーン・シュトラウス管弦楽団」が毎年日本で、ニューイヤーコンサートをしているそうです。今年一番安い席で聴きに行ってみたんです。こうもり序曲が聴きたくて。
    やっぱリ素晴らしかったです。かわいらしいパフォーマンスもあったりして・・・。チケット2000円だったかな。ウィーンフィル聴くのとはひとケタ違いましたが、とっても良かったです。

  8. >MUUSAN
    こんにちは♪
    やっぱり子供って、こういうのを信じてしまうんですねっっっ(笑)!! その後落ち込んだりされたんでしょうか? このレッスン・シーン、私もYouTube見ながら一人ニヤニヤしちゃって、怪しい人になっていました(音はヘッドフォンしているので)
    >冒頭の作品は、ご推察のとおり、皇帝円舞曲Op.437
    さすがですね!! よくご存知で。
    私、実はオーケストラ曲全てに言えることなのですが、シュトラウスも似たようなワルツやポルカの区別があまりつかないんですよね(汗)。しっかり覚えるまで聴こうとも思えなかったりするし。何となく楽しく雰囲気だけでいかに集中して聴いていなかったかと今回思い知ってしまいました。
    先日、MUUSANのところに書き込ませていただいたのですが、うまく投稿出来なかったみたいです。。。また遊びに行かせていただきますね♪(お勉強させていただいております☆)

  9. >きこじじさん
    >「星空の音楽会」
    私もこれ、大好きです!! 最後にジェリーがステージに切り込みを入れて団員が一人二人(1匹2匹)といなくなってトムが全楽器を受け持つなんて発想、最高に面白いです♪
    ウィーン・シュトラウス管弦楽団は、そんなに安いんですかっっっ!! 日本なのに(笑)。同じ「ウィーン」違いで随分値段が違いますが、十分楽しめそうですよね。毎年来ているなら私もチェックしてみようかしら。
    情報ありがとうございます♪ やっぱりシュトラウスの曲が並ぶのかな…?!

  10.  いえいえ、私もJ.シュトラウスは苦手でして……CDで確認したしだいです。
     ぜひ遊びに来てください!

  11. >MUUSAN
    ああ、確認していただけて感謝でございます^^
    これからも、フォローいただけると大変嬉しゅうございます♪

  12. このCD(ボスコフスキー/ウィーン・フィル)
    ・・・持ってます^^;アセアセ
     やはり、ヨハン・シュトラウス2世の定番(w)
    私は、皇帝円舞曲が大好きです(^^)。

  13. >kontentenさん
    をををを!!! 持っていらっしゃいましたか! さすがですね〜〜☆ もしかして、改めて聴かれたりしました? あるいは、どんなCDか、感想キボンヌです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA